夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.09435

自分事で進める歴史や景観を生かしたこれからのまちづくり

地域によって民家の形は違う

 世界遺産に登録されている岐阜県の白川郷は、急傾斜の大屋根をつけた合掌造りの民家が有名です。それは大量に降る雪を屋根から落ちやすくするための工夫なのです。一方、同じ豪雪地帯でも、新潟県内ではそれぞれの家が1階に「雁木(がんぎ)」という庇(ひさし)をつけて、雪が積もってもアーケードのようにその下を歩けるようにしています。このように地域特有の歴史や風土の中で、長年にわたる人々の営み、知恵や工夫が蓄積されてきた結晶が民家やまち並みです。

都市計画からまちづくりへ

 人口増加を背景に全国一律に進められてきた都市計画は、まちの個性を失わせていきましたが、人口減少に入った現在は個性あるまちづくりを競う時代です。伝統的な建物で構成される歴史的なまち並みは、地域の個性を受け継いでいます。城を中心に武士や商人が住んだ「城下町」、旅人が行き交った街道沿いの「宿場町」、お寺や神社の参詣者でにぎわった「門前町」、海運で栄えた「港町」など、歴史と文化を伝えるまち並みを保全するために、国は「重要伝統的建造物群保存地区」制度を1975年に作りました。2018年の時点で全国118地区が選定され、一定の条件を満たせば改修や新増築に手厚い補助がなされます。こういった制度を活用しながら、それぞれのまち並みでは、住民たちによる個性を磨くまちづくりが進められています。

まちづくりは自分事

 家や建物は、個人の所有物です。でも、その外観やまち並みは誰もが目にする公共財産です。個人でも景観に配慮して、緑を増やし、周囲になじむ建物を建てるなど、良好な景観づくりに努めることはできます。古民家をカフェにしたり、空きスペースでイベントをしたりして、活用することも可能です。古民家やまち並みを生かすことが地方を元気にする切り札になるのです。そのためには、住民自身が身近なまち並みやまちの歴史に興味を持ち、愛着を持って、まちをより良くする主体となることが重要です。あなた自身も、まちの物語をつくる主人公なのです。


この学問が向いているかも まちづくり学、都市計画学、建築学

椙山女学園大学
文化情報学部 文化情報学科 准教授
今村 洋一 先生

先生の著書
メッセージ

 自分の家や部屋をきれいにしておきたいと思う人は多いでしょう。では、自分の「まち」はどうでしょうか?
 「自分のまち」という意識を持たない人がほとんどかもしれません。ですが、「まち」は人がつくっているのです。「まち」は長い年月にわたる人の思いや物語を含んでいます。なぜこのような景観ができたのか、まちの歴史に興味を持ち、あなたが暮らす「まち」を「自分のもの」だと意識してみてください。そうすることで、故郷として愛着がわき、「まち」を楽しもう、「まち」をより良くしようという気持ちが芽生えるはずです。

先生の学問へのきっかけ

 高校時代は理系だったので、工学部でものづくりやプロダクトデザインを学びたいと考えていました。やがて建築や、ダムや橋をつくる土木の分野に興味を持ちました。そんな時に出合ったのが、予備校の冊子で紹介されていた「都市計画」です。都市はスケールが大きいし、幼い頃から地図や地理が好きだったので、その分野に進むことに決めました。都市計画では、法律や制度を学ぶほか、住宅地計画や都市デザインなどの空間設計も学びます。現在は、都市の歴史や景観を生かしたまちづくりの重要性を学生に伝えています。

大学アイコン
今村 洋一 先生がいらっしゃる
椙山女学園大学に関心を持ったら

 時代をこえて
 自立した女性を育む
 女子総合大学として。
 
 椙山女学園大学の起源は、明治時代に創設された女学校にあります。日本が真に伸展するためには、女子教育を向上させ、女性がもつ力を社会の中で生かすことが不可欠と信じ、時代に即した先進的な学びに取り組んできました。そのスピリットは今に受け継がれています。いつの時代も揺ぎない一人の人間としての価値観を育み、凜と生きるしなやかで逞しい力を養成する女子総合大学ならではの豊かで多様な学びが、ここにあります。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる