夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09420

森鴎外はドイツに留学して、何に驚き、何に共感したのか?

「ドイツ三部作」の源となった留学体験

 森鴎外は明治・大正期に活躍した、近代日本文学を代表する作家です。その初期の代表作『舞姫』『うたかたの記』『文づかひ』の「ドイツ三部作」には、陸軍軍医であった彼が1884年から約4年間留学していたドイツでの経験が、非常に色濃く反映されています。外国についての情報がはるかに乏しかった当時、鴎外は何に驚き、感心し、共感したのでしょうか。

ジョッキでビールを飲む?

 鴎外がドイツで滞在した街は、ザクセン王国のライプツィヒとドレスデン、バイエルン王国のミュンヘン、そしてプロイセン王国のベルリンでした。当時はドイツが統一されて間もない頃で、土地の雰囲気や人々のメンタリティも、地方によって今以上に異なっていました。几帳面(きちょうめん)で実直なタイプの人が多い北部、おおらかで人情味にあふれた人の多い南部、ドイツ語が堪能だった鴎外は、現地のさまざまな人々と交流して刺激を受け、その記録を日記や論文に書き記しました。
 例えば、ドイツ人が大きなジョッキでビールを飲んでいる様子は、明治期の日本人である鴎外にはびっくりするような光景だったに違いありません。実際、彼はドイツ人が大量のビールを飲むことに興味を抱き、ビールの利尿作用に関する研究論文まで書いています。また鴎外は、ドレスデンで王室の関係者とも親しくなり、ザクセン国王に謁見(えっけん)するなど、19世紀ドイツの華やかな社交界とその文化に接する機会を得ました。そうした貴重な経験も、彼の創作に大きな影響を与えました。

日独文化交流のさきがけ

 ドイツ人の中にも、鴎外たち日本の留学生との交流によって日本への関心をかきたてられた人がいました。鴎外がドイツで出会ったカール・フローレンツは、1889年から日本に留学し、帝国大学(現・東京大学)でドイツ語を教えるかたわら日本文化の研究に取り組み、帰国後はドイツにおける日本学の草分け的存在となりました。国を背負う形でドイツを訪ねた鴎外は、日本とドイツの双方に深い足跡を残したのです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 日本文学、比較文学、ドイツ文学

大東文化大学
文学部 日本文学科 教授
美留町 義雄 先生

先生の著書
メッセージ

 私の専門は、森鴎外を中心とした日本とドイツの文学・文化比較です。
 文学研究というと、中学や高校の宿題で課題に出される読書感想文のようなものを思い浮かべるかもしれません。しかし、大学での文学研究は、本を読んで「~だと思いました」という感想を書く受け身の行為とは違って、自分自身の関心や問題意識を積極的に持ち込んで解釈を深める、主体的な学問です。あなたと一緒に、まじめに、そして楽しく文学研究ができることを期待しています。

先生の学問へのきっかけ

 中学生の頃に、ドイツ人作家ヘルマン・ヘッセの短編小説『少年の日の思い出』を教科書で読み、繊細な青少年の心理と美しい自然の描写に惹かれて、ドイツ文学に興味を持つようになりました。大学生だった頃、世の中では国際化が一種のブームとなっており、文系の学生には英語学や英米文学が人気でした。しかし、あえてそうした主流から少し外れる選択をして、これまで漠然と関心を抱いていたドイツ文学を専門に学ぶことを決心しました。その後、大学院に進み、ドイツにも留学して研究を重ね、現在の比較文学研究に至るようになりました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

中学・高校教員/信用金庫社員/メーカー社員/公務員/サービス業

大学アイコン
美留町 義雄 先生がいらっしゃる
大東文化大学に関心を持ったら

 6月8日(土)に東京ビッグサイトで開催される大学研究&学問発見のための国公私立大 合同進学ガイダンス「夢ナビライブ2019東京会場」で、美留町義雄先生が【鷗外の見たドイツ ~青年森林太郎の留学体験】というタイトルの講義ライブを15:10から実施! 全部で318名の大学教授が講義ライブを実施するほか、本学を含む204大学が個別ガイダンスを実施します。詳しくは
 https://yumenavi.tokyo(パソコン、スマホ、ケータイ共通)をご覧ください。

TOPへもどる