夢ナビWebセレクション

実践女子大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • コーラ、
  • 飲料、
  • 食品、
  • ポリフェノール、
  • ヒット商品、
  • 緑茶、
  • 特定保健用食品(トクホ)、
  • 食品開発、
  • チョコレート、
  • 食の安全、
  • 食品表示、
  • 差別化、
  • 茶、
  • カカオ

「体にいいコーラ」や「脂肪を燃やすお茶」はどのように生まれたか?

周到に計画されている食品開発

 スーパーやコンビニの店頭に並んでいる、多種多様な食品や飲料の多くは、通常だと1年以上前から研究開発と商品企画が始められ、周到に準備されてから出荷されています。各メーカーは、市場でのシェアを争う競合商品との差別化のために、さまざまな工夫を凝らし、販売戦略を組み立てています。

トクホと飲料の組み合わせ

 コーラ系飲料を例に考えてみましょう。今まで「コーラ」と聞くと、「さわやかでおいしいけれど、体にあまりいいとは言えない」というイメージを持つ人が大半でした。そこであるメーカーは、難消化性デキストリンという食物繊維を配合したコーラを開発し、史上初の特定保健用食品(トクホ)のコーラとして発売しました。そして、トクホとコーラという意外性のある組み合わせは大ヒットを記録しました。これと似た現象は緑茶系飲料の分野でも起こっていて、体内の脂肪の分解を促進するとされるポリフェノール成分を配合したトクホの緑茶は、爆発的にヒットしました。
 別の例で興味深いのは、チョコレートです。通常、チョコレートのパッケージにはチョコレートそのものの画像が用いられますが、あるシリーズのチョコレートでは、原材料のカカオの産地に特徴があることを前面に押し出すため、カカオをイメージしたイラストのみでパッケージをデザインしたのです。その意外性が話題を集め、ヒット商品となりました。

日々の生活を健やかにより豊かにする食品開発

 食品や飲料において、最も大切な食の安全・安心の部分は、メーカーの研究開発部門が担っています。一方、商品企画・宣伝部門では、よりよい魅力的な商品にするためのこだわりを持って研究開発部門に企画案を提出します。そして、食品表示法に抵触しないように細心の注意を払いながら商品のパッケージや各種広告を決め、販売戦略を練っていきます。
 人間が日々の生活を健やかに、そしてより豊かに過ごせるように、今日も数多くの食品や飲料が社会に送り出されているのです。

この学問が向いているかも 食品産業学


生活科学部 食生活科学科 准教授
松岡 康浩 先生

メッセージ

 「食」は、生物にとっての基本です。私たち人間も食べることで命をつないでいます。人間がほかの動物と違うのは、いろいろな材料を調理加工して、おいしくして食べているという点で、その調理加工を行っているのが食品産業です。生産者からメーカーまで、多くの人々が日々さまざまな工夫をして、私たちに食品を届けてくれています。
 食品産業学は非常に面白くて、身近な学問です。あなたが食べることや料理をすることが好きなら、ぜひ学んでください。

先生の学問へのきっかけ

 食べることが好きで、将来は何か食に携わる仕事がしたいと考え、大学は農学部に進学しました。植物よりも動物の研究がしたくて、畜産科で動物の乳に含まれるタンパク質についての研究に携わりました。大学卒業後は、乳業メーカーで粉ミルクの開発に取り組みました。牛乳はそのままだと母乳の代用にはできないので、母乳の成分を分析し、タンパク質などの成分が母乳に近くなるように調整した粉ミルクを開発していたのです。飲料メーカー開発部門や化粧品会社食品開発部門での勤務経験を生かし、現在は食品産業学の研究に取り組んでいます。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

食品会社営業/外食店舗開発/外食商品開発/製菓店パティシエール など

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.