夢ナビWebセレクション

福岡大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 法律、
  • 民法、
  • ペット、
  • 責任、
  • 管理、
  • 動物、
  • 取引、
  • 行政、
  • 損害賠償

ペットちゃんの法的地位を考えてみよう!

ペットは民法では物と同じ扱い

 最近、ペットを飼う人が増えています。では、法律では、ペットのような動物をどのように扱っているでしょうか。法律のうち、民法では、物と同じ扱いをします。物ですから所有することができます。取引の対象にもなるので、他人との間で売買できます。所有者のいない野良猫なら、所有の意思を示せば所有できます。そして、もし、他人に盗まれたり、傷つけられたりすれば、返還や損害賠償を請求できます。他方で、所有者には管理責任がありますので、騒音や悪臭、人身被害などのトラブルが起きないように注意しなければなりません。

動物への虐待を禁止する「動物愛護法」

 では、自分の所有物だからといって、所有者はペットを虐待してもよいのでしょうか。民法には、これを罰する規定はありません。しかし、それでは心情的に許されないので、動物愛護法という法律では、動物虐待を禁止し、動物愛護の精神を持って、適切に扱うように定めています。もし、この法律に従っていないことが証明されれば、飼い主は罰せられます。ただ、動物だからといって、家畜や魚なども殺してはいけないとなると、人間は生きていけません。そのため、ペットと食用の動物は区別して、動物を「みだりに」殺したり傷つけたりしてはいけないと規定しています。

法律は人間のためにあるので矛盾することも

 しかし、動物愛護法も万能ではありません。ペットの所有者の中には、世話ができなくなって行政にペットを引き取ってもらう人がいます。そして、引き取られたペットの多くは殺処分されています。それではいけないということで、ボランティアの動物愛護団体が引き取って里親探しをする場合もありますが、それも、受け入れ能力は限界に達しています。
 法律は人間同士のトラブルを未然に防ぐために作られるものであり、動物愛護法も例外ではありません。動物愛護の精神に反するからといって、殺処分を全面禁止にすると社会が混乱してしまいます。法律とは、いかに運用するかが重要なのです。

ペットの法的地位を考えてみよう!

夢ナビライブ2018 福岡会場

アイコン

動物は民法上ものとして扱われる

アイコン

法はあくまで人間を中心に考える

アイコン

法律と道徳・倫理

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 法学


法学部  准教授
下田 大介

メッセージ

 私は、民法を研究しています。法学は、法律を上手に使いこなすことを考える学問です。また、言葉を駆使して相手側を説得する技術を学ぶので、コミュニケーション能力を磨くのにも役立ちます。
 どんな学術技芸にもいえることですが、法学にも、情熱を傾けるのに値する面白さがあります。ただ、面白く感じる前にはやはり、ややしんどい修業も必要です。しかし、くじけずに励めば、きっと報われます。進路に悩んでいるあなた、ぜひ一緒に法学を勉強してみませんか。

先生の学問へのきっかけ

 民法とは人と人の関係、財産取引や家族関係を扱う法律です。トラブルが起きると、法律家はそれに関係した法律を当てはめて解決すると考えているかもしれませんが、それほど単純ではないのです。すべてのケースを法律で網羅することはできません。そこで民法は、どんなトラブルにも対応できるように、あえて柔軟に作ってあります。そして、どんな解決が妥当かを真剣に考え、その解決を引き出せそうな条文を探して、解釈を与えていきます。私は、そのような柔軟性、ある意味ではいい加減さに惹かれて、民法を研究する道に進みました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

弁護士/警察官/刑務官/消防士

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.