夢ナビWebセレクション

専修大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 休日・祝日、
  • 天皇、
  • 第二次世界大戦、
  • GHQ、
  • 昭和、
  • 明治時代、
  • 法律、
  • 皇室、
  • 歴史、
  • 生活

日本の祝日は、どんな理由からどんな法律で決められてきたの?

明治時代の最初の祝日法

 日本における祝日について定めている法律は、「国民の祝日に関する法律」、通称祝日法と呼ばれるものです。この祝日法の発祥をたどっていくと、明治6年に発せられた布告に行き当たります。明治6年1月1日に、それまでの旧暦から太陽暦(西暦)に変更されたことにともなう法令でしたが、当時は皇室に関連する祝日が年に10日程度あるのみでした。ちなみに当時はまだ週末が休みになることも一般的ではなく、明治9年にようやく日曜は休日、土曜は半休という法令が定められました。また、祝日には子どもたちの多くは学校に行って、校長の訓示を聞かなければならなかったのです。

第二次世界大戦後の紆余曲折

 明治から大正、昭和と時代が変わるにつれ、天長節(天皇誕生日)を中心に祝日に関する法令は、幾度か調整が加えられます。そして、第二次世界大戦で日本が敗戦を喫した後、昭和23年7月、新たに「国民の祝日に関する法律」が公布されます。この時に定められた祝日は、元日、成人の日、春分の日、天皇誕生日、憲法記念日、こどもの日、秋分の日、文化の日、そして勤労感謝の日でした。当時まだ日本を占領していたGHQの意向などもあり、かつての紀元節、現在の建国記念の日がいったん祝日のリストから抜かれていたり、かつての明治節(明治天皇の誕生日)は文化の日に置き換えて入れ込まれたりと、この法律の制定には、さまざまな紆余曲折があったことがうかがえます。

祝日は何のためにあるのか

 その後、「国民の祝日に関する法律」には、振替休日や国民の休日、ハッピーマンデー制度が適用され、年間の祝日の数もかなり増えました。一方で「この日はそもそもどんな意味があって祝日になっているのか?」という意識は、私たちの中で次第に希薄になっています。
 祝日は法律で決められ、私たちの生活に深く関わっています。このような身近な事柄も、法制度やその歴史を考えるテーマとなり得るのです。

未成年者の喫煙を禁じたのは誰なのか?

夢ナビライブ2016 東京会場

アイコン

戦前の子どもとタバコの歴史

アイコン

喫煙防止は利害が関係して成立する

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 法律学


法学部 法律学科 准教授
坂誥 智美

先生の著書
メッセージ

 高校生の時は、いろいろなことに興味を持っておいた方がいいと思います。少しでも興味のあることには、恐れずに飛び込んで試してみてください。そして、ネットの世界に溺れすぎず、できるだけ「本物」を見てください。自分で見たり、手に取ったりしたものは、画面で見たものとは違う本物の経験です。なりたい職業が決まらないと悩む人もいますが、職業を決める必要はありません。自分は何をやりたいのかを探せる人になってください。

先生の学問へのきっかけ

 私は中学生の頃からなぜか、法律の条文にひかれていて、日本国憲法第41条が大好きでした。推理小説を読んだり、テレビで刑事モノのドラマを見たりしていても、「こんな風に捜査して逮捕しても、法律としてOKなの?」と思ってしまい、とうとう高校生の時、父に頼んで六法全書を買ってもらって、それをめくりながら刑事ドラマを見ていました。歴史も大好きだったので、大学では法律と歴史の両方をターゲットとする法制史を専攻することにしました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

鉄道会社社員/各県警察官/建設会社事務など

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.