夢ナビWebセレクション

専修大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 視覚、
  • 脳、
  • 顔認識、
  • fMRI、
  • ブレイン・マシン・インターフェース、
  • 大脳皮質、
  • 人間(人・ヒト・人類)、
  • 顔、
  • 写真、
  • 情報処理、
  • 心(こころ)、
  • 画像

人間はなぜ他人の顔をすぐ見分けられるのか?

多くの謎に包まれた脳と視覚の仕組み

 視覚は、人間が生きていくためにとても頼りにしている機能の一つです。脳の中でも、視覚を司る役割を担う大脳皮質の領域はかなりの大きさを占めています。しかし、人間が目で見た世界を脳でどのように受け取り、そこからどう行動に移しているのか、現時点ではまだ多くの部分が謎に包まれています。

脳には顔認識処理専門の部位がある

 人間が目でものを見るメカニズムは、よくカメラの仕組みに例えられますが、映像をそのまま保存するカメラよりはるかに複雑な処理を、人間の目と脳は行っています。例えば、人間は他人の顔を識別する能力が極めて高いことがわかっています。顔写真のようにあいまいな画像情報しかなくても、目の前にいる人の顔とその写真とを見比べて、かなりの高確率で同一人物かどうかを判別することができます。2つの写真を見比べる場合でも、各部分の違いだけでなく、全体が統合された形での処理も高い精度で行われるため、驚くほど高い弁別(べんべつ)能力、つまりほんのわずかな違いを見分ける能力を発揮します。ただし、顔が逆さまだとこの高い能力は失われます。
 こうした顔認識に関わる情報処理は、すべて脳で行われています。顔の分析を行う脳部位をケガや病気などで損傷した人の中には、他人の顔の識別ができなくなる相貌失認(そうぼうしつにん)という症状が出る場合があります。

脳と心の関係を研究するために

 このように、脳にはさまざまな部分に専門化された機能が備わっています。動物実験で蓄積された知見に加え、最近ではfMRIと呼ばれる計測機器で、何かを見たり考えたりしている人の脳の活動部位を記録できるようになりました。この分野の研究がさらに進めば、体に障がいのある人をより効果的にサポートすることのできるブレイン・マシン・インターフェイスを備えた機器の開発につながるだけでなく、人間の脳と心のメカニズムそのものを解明するための糸口が見つかるかもしれません。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 生理心理学


人間科学部 心理学科 教授
石金 浩史

メッセージ

 人間の心の動きを理解する上で、脳のメカニズムについて知ることはとても重要です。そうした分野の研究を生理心理学と呼びますが、日本国内には、生理心理学を学べる研究室はまだそれほど多くありません。専修大学では、脳波の測定から動物を使った神経活動の記録実験まで、生理心理学の幅広い領域の研究に取り組める環境が整っています。
 人間の脳の様子を科学的に測定したり、神経細胞の活動を記録したりして研究のできる機会は、めったにありません。こうした研究が面白いと思ったら、私たちと一緒に勉強してみませんか?

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃から実験好きで、中でも、自分以外の他者は自分と同じなのか、違うのか、解明したいという意識が強くありました。そして、人間が目で見ているものがどのような仕組みで意識の中に広げられていくのか、その情報処理のプロセスを実験で測定したいと思い、視覚情報処理の研究に携わるようになりました。現在も、人間の脳と心の関係を研究する生理心理学の分野で、特に視覚に関わる研究を進めています。この研究が進むと、例えば眠っている間にどんな映像の夢を見ていたのかがわかったりもするのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

顔認証システム開発/ゲームソフトウェア開発/寝具開発/おもちゃ開発

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.