夢ナビWebセレクション

専修大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • シェイクスピア、
  • イギリス、
  • 演劇、
  • 台詞(セリフ)、
  • 作品、
  • 観客、
  • 物語、
  • 独り言、
  • ロンドン

シェイクスピアの演劇ではなぜ独り言が多いのか?

『ハムレット』の台詞に多い独り言

 ウィリアム・シェイクスピアは16世紀から17世紀にかけてイギリスで劇作家として活躍し、現代でも世界中で愛好されている数多くの作品を世に送り出しました。彼の作品を分析すると、同時代のほかの作家には見られない特徴を備えていることがわかります。それは「登場人物の独り言がとても多い」という点です。例えば彼の代表作『ハムレット』の場合、台詞の大半はハムレットの独り言です。その狙いは、一体何だったのでしょうか。

自意識と周囲とのギャップを描く「独白」

 シェイクスピアの演劇では、ある登場人物の考えていることについて、別の登場人物にはわからないけれど、観客には伝わるという状態にしたいとき、独り言、つまり「独白」という手法が用いられています。当時のイギリス社会は、ちょうど近代への過渡期にあり、人々に個人としての自意識が芽生えはじめていた時期でした。自分はこんなにも悩んでいるのに、周りの人は何もわかってくれないという、自意識と周囲とのギャップに悩む人々が増えてきた世相を、シェイクスピアは「独白」というスタイルでうまく描き出し、観客の共感を集めることに成功したのです。

不朽の名作となった理由

 当時のロンドンは、急速に人口が増え、衛生状態の悪化にともなう疫病の発生など、さまざまな社会問題を抱えていました。シェイクスピアと同世代の劇作家たちはそうしたロンドンを題材にした演劇を次々に発表しましたが、シェイクスピアは、世相はとらえつつも、作品の舞台はイタリアやオーストリアなどを選んでいます。それは、ほかの作家への対抗意識や、主要な観客層であるロンドンの上流階級の趣向を意識したからという理由もあったと考えられます。ただ、結果的に彼のその選択が、作品に時代の変化に左右されることのない一種の普遍性をもたらしました。物語そのものが優れているのはもちろんですが、彼の作品が今に至るまで不朽の名作とされている要因は、そのような点にもあるのです。

シェイクスピア演劇とミュージカルを楽しむ

夢ナビライブ2018 東京会場

アイコン

ウィリアム・シェイクスピアとは

アイコン

ハムレットの特徴は「一般化」

アイコン

独白はソロ曲と同じ役割

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 英米文学


文学部 英語英米文学科 教授
末廣 幹

先生の著書
メッセージ

 私はイギリスの演劇を研究しています。あなたは学校のクラスやクラブ活動の中で、自分の考えていることを周囲の人とうまく共有できなくて悩むことはありませんか。
 ウィリアム・シェイクスピアは自身の演劇の中で、ある登場人物の考えていることが別の登場人物にはわからないけれど、観客には伝えることができる「独白」という手法をうまく使って、喜劇から悲劇まで、数多くの素晴らしい作品を生み出しました。演劇の研究に興味を持っているなら、ぜひ本学に学びに来てください。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃から映画や芝居が大好きで、中学生の頃から映画を年に200本は観ていました。大学生の頃にロンドンに1年間留学した際、イギリスの演劇、特にシェイクスピアとその作品に興味を持つようになりました。高校生のあなたには、シェイクスピアというとまだちょっと敷居が高く感じられるかもしれませんが、日本でも蜷川幸雄さんの演出によるシェイクスピアの演劇作品のDVDがあるので、ぜひ観てほしいです。よく見かけるカッコイイ俳優さんたちが、テレビドラマとはまったく違う芝居を見せているので、きっと興味が湧くはずです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

航空会社客室乗務員/俳優事務所 俳優・声優/演出家/不動産会社/ホテル業界

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.