夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09062

海外で働くために、国際的なお金の動きを見てみよう!

少子高齢化社会で需要が高まる国際商学

 現在、日本は少子高齢化で働く人口が減っているため、国内の需要を考えるだけではビジネスが成り立たず、海外に進出していく企業が増えています。海外勤務、特に海外で業務をするにあたって重要なのは、一般的な英語力のほかに、専門用語をしっかり使えることです。現地で自社の製品を売るにあたって交渉、調整していくためには、海外ビジネスのための専門用語を理解し、使いこなすことが必要だからです。国際商学は、このようなビジネスの一つひとつのやりとりから国際経済の大きな流れまでを対象として考えます。

お金は企業にとって血液のようなもの

 海外、特にアジア圏に進出している日本企業を見ると、現地駐在員として働く日本人は、経営管理業務、特に財務・会計担当が多いのです。なぜ海外勤務のスタッフに財務・会計担当者が多いかというと、お金の流れは企業にとって血流のようなものなので、現地の人に任せず、日本人のスタッフを配置してきちんと把握すべきだと考えるからです。
 会計とは、売り上げや利益を見ながら、どこか具合が悪い部分はないかと診断を行い、業績の予測を行うものなのです。国内で力を発揮したビジネスを、海外でも応用できるようにビジネスモデルをつくり、国際的なビジネスへとつないでいくことが求められます。

非営利団体の会計は国際商学の一つの特色

 実は、グローバル企業以外にも、病院や大学といった非営利団体のビジネスモデルやお金の流れが、国際的に注目されています。一般に、利益のたくさん出る病院や大学にいい印象は持たれないものです。海外の研究で、病院の利益は少なすぎても多すぎてもだめ、という結論が出ています。日本の大学では、教育・研究にコストをかける大学ほど寄付や資金を多く集められるという結果があります。医療・介護業界や教育業界の経済規模はとても大きく、その国の経済発展を示す指標となると考えられ、国際的に注目される研究対象になるのです。

商学×国際とは何か?

夢ナビライブ2018 東京会場

アイコン

商学とは

アイコン

どちらの会社を買収するか

アイコン

日本人の海外駐在員の増加

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 国際商学

横浜市立大学
国際商学部 国際商学科 准教授
黒木 淳 先生

先生の著書
メッセージ

 あなたは行きたい学部が決まっていますか? 私は高校生のとき、商学部に行くか、あるいは経営学部、経済学部にするか迷っていました。結果的に、商学部を選んだのですが、商学部ではビジネスの一つひとつの取引の視点から、国際経済・国際社会のようなマクロな視点まで学ぶことができ、とても有意義でした。
 現在、日本は人口が減り、就業人口が少なくなる中で、どう次の時代をつくっていくかという課題があります。もし、あなたが国際ビジネスにチャレンジしたいのなら、一緒に学びませんか。

先生の学問へのきっかけ

 高校時代からビジネスマンとして活躍することに憧れ、商学部に進学しました。経済や会計の基礎を一通り学びつつ、取引一つひとつに注目したり、流通の仕組みや、国際貿易などの商取引を学ぶこともある。そんな商学が自分に合っていると感じ、研究者の道へと進みました。研究者としては、新しい社会問題に挑みたいと考え、ヘルスケア分野や、大学、行政などの非営利団体の会計を専門にしました。このテーマは国際的にも活発に研究が行われています。28歳で初めて海外の学会での発表を経験し、国際的な視点の重要性を改めて感じたのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

情報機器会社マーケティング/食品会社経営企画/商社営業/広告会社人事/医療機器会社経理/人材開発会社企画/証券会社総合/大手銀行総合/病院経営幹部候補/市役所職員

研究室
大学アイコン
黒木 淳 先生がいらっしゃる
横浜市立大学に関心を持ったら

 横浜市立大学は、「実践的な教養教育」を導入しています。高度な専門知識を教養教育を通じて身につけ、バランスのとれた人材育成を図る教育システムです。日本を代表する国際港湾都市に位置する大学として、世界に羽ばたく人材の輩出を目的に、国際感覚を養うさまざまな取り組みも充実しています。個々の可能性を最大限引き出すための厳しい教育プログラムを愛情を持って進めていきます。

TOPへもどる