夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.08925

グローバルに活躍するための英語力が身につく「英語音声学」

英語への苦手意識がネックになる時代

 世界は今やボーダーレスな時代です。そんな世界において、共通言語となるのが英語といえるでしょう。
 日本には世界に誇れる製品や農作物、サービスなどがあります。しかし日本人の英語への苦手意識が、それらが世界に広まることを阻んでいるように感じたことはありませんか? 一方で、日本と同じく英語圏ではないのに、アジアの国々の世界進出は目覚ましいものがあります。なぜ日本人は英語を苦手に感じてしまうのでしょうか? その1つが「正しく英語を発音できない」という意識です。これを克服するのに役立つのが、「英語音声学」なのです。

標準的な英語発音だからこそ築ける関係

 ネイティブのように話せなくても、拙い英語でも伝われば大丈夫という考えがあります。確かに、発音が悪くてもまず話すことがコミュニケーションにおいては大事です。しかし、カタカナ発音で英語を話す人と、標準的な英語発音の人の発話を聞いて比較した魅力度調査によれば、「カタカナ発音の人と一緒に遊ぶのはいいが、勉強や仕事を一緒にしたいとは思わない」という統計結果になりました。ビジネスや友人関係などでより知的レベルの高い関係を築くには、やはり英語発音の練習は大切だとわかります。

AIで科学的に英語力をアップ

 英語音声学では、英語の発音を「音素(おんそ)」に分類し、観測することで発話技術を向上させていきます。この英語音声学のレッスンには、AI(人工知能)の活用も有用です。なぜならAIという機械にも伝わるぐらい、明瞭に発音する技術が身につくからです。また、AIを用いることで、どの単語のどの音素の発音が苦手なのかを細かく分析・明確化でき、対策をとることもできます。
 英語の発音は筋トレのようなもので、たくさん話すことでしか鍛えられません。それは昔から変わりませんが、現在では、フリーソフトでも英語発音をトレーニングできる時代です。ツールは身の回りにあふれているのです。

参考資料
1:カタカナ英語魅力度調査結果
2:グローバル・コミュニケーション学部に寄せられた質問 頻出名詞

日本人はシラミを食べる?(英語の発音)

夢ナビライブ2018 大阪会場

アイコン

外国人に「しらみを食べる」と言ったら?

アイコン

カタカナ英語のエミさんと仕事したい?

アイコン

聞きやすい言葉の鍵はリズム

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも コミュニケーション学、英語音声学

神戸学院大学
グローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科 教授
中西 のりこ 先生

先生の著書
メッセージ

 英語学習にはインプットとアウトプットがありますが、高校まではインプットの比重が高いと思います。でも、これからはアウトプットも意識してみてください。そして大学生になったら、アウトプットできる環境や時間を持ってみましょう。どんな表情で、どんなふうに話すと友好的なコミュニケーションをとれるかというのは、失敗もしながら身につくものです。
 言葉は机の上で勉強するものとは限りません。豊かなコミュニケーション経験を生かして、あなたも、英語というツールを使いこなす人をめざしましょう!

先生の学問へのきっかけ

 日本人は、まだまだ英語を話すことに苦手意識を持っている人が多くいます。大学時代、日本で開催された農業の国際大会に通訳として参加しました。その大会では、アジアやヨーロッパの国々が英語でプレゼンテーションしているのに対し、日本の農家の方は英語が話せないからと何もアピールしようとしなかったのです。独自の有機農法などで誇れる点があったのに、何も伝えようとしない姿に衝撃を受けました。そこで日本人の英語の苦手意識をまず変えたいと思い、英語の発音を磨くのに役立つ英語音声学について取り組むようになったのです。

大学アイコン
中西 のりこ 先生がいらっしゃる
神戸学院大学に関心を持ったら

 神戸学院大学は、10学部13学科を擁する神戸市内最大規模の私立文理総合大学です。2018年4月には、10番目の学部となる心理学部を開設しました。これからも「学生の満足度の高い大学」「学生が成長を実感できる大学」であり続けるために、アクティブラーニング、グローバル教育などを全学的に展開していきます。地元兵庫・神戸にふさわしい魅力ある大学として、社会の発展に寄与する質の高い教育・研究を行い、専門性だけでなく幅広い教養を持った学生を社会に輩出してまいります。

TOPへもどる