夢ナビWebセレクション

香川大学 創造工学部の教員による講義

関心ワード
  • スポーツ、
  • アスリート、
  • 支援、
  • IT(情報技術)、
  • SNS、
  • ソーシャルメディア、
  • センサ(センサー)、
  • ウェアラブル

ITやSNSを活用したスポーツ支援が進んでいる!

スポーツの世界で広がるIT化

 ITの活用は、近年、スポーツ分野にも広がっています。選手の身体やラケットなどの道具につけたセンサからデータを取得してプレイの内容を解析することや、タブレット端末を使って選手に作戦やアドバイスを伝えるなど、さまざまな支援ができるようになりました。ITを用いて得られた情報を、選手の育成にどう活用するのかという研究も進んでいます。
 例えば、2004年アテネ五輪・男子ハンマー投げ金メダリストで、研究者としても活動する室伏広治さんは、自身のハンマーに付けたセンサで計測した角加速度(回転方向の加速度)を音に変換してフィードバックし、トレーニングに活用しています。

ソーシャルメディアを教材に

 あなたが普段使っているSNSなどのソーシャルメディアを、スポーツの教材として活用するシステムの研究も行われています。例えば、動画共有サイトに投稿された縄跳びの動画をコンピュータで分析し、ほかの数ある縄跳び動画の中から、撮影された人の動きの改善に役立つ動画を選んでフィードバックすれば、周りに教えてくれる人がいなくても、上達するコツを学べます。
 また、ウェアラブルセンサを身につけた人間の動きを、擬音語や擬声語、擬態語を用いてマンガのコマ風に置き換えれば、運動のコツをより直感的に伝えることができます。こうした伝え方の研究が進めば、近くにコーチがいなくても、SNSを活用して自ら学び、うまくなれるのです。

ITがスポーツの常識を変える!?

 ITを生かしたスポーツ支援は、プロのアスリートだけでなく、一般のスポーツ愛好者、高齢者のリハビリにも適用できる可能性を秘めています。それにともない、これまでと違った新しいスポーツ競技の形を生み出そうという動きも起こっています。先端技術を用いて人間の身体能力を向上することができれば、年齢や性別、障がいの有無といった垣根を超えて、みんなが同じフィールドで競い合うことも可能になるでしょう。

この学問が向いているかも スポーツ工学、情報工学


創造工学部 創造工学科 造形・メディアデザインコース 准教授
後藤田 中 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 スポーツを「仕事」にしているのは、プロのアスリートだけではありません。競技をするだけでなく、選手の技術向上への支援や競技をビジネスにつなげる工夫など、選手の環境をデザインすることもまた、大切な仕事なのです。例えば、選手の身体の動きをマンガ風に視覚化し、フォーム改善のヒントに役立てるのも、スポーツ支援の可能性を秘めています。私は、学生時代に取り組んでいた研究を病気で続けられなくなり、現在の研究に方向転換しました。失敗や挫折にもヒントがあり、道が開けます。何事にも一生懸命取り組んでみてください。

先生の学問へのきっかけ

 東京の大学で材料工学を学んでいましたが、病気になって退学し、それまでの研究をあきらめて故郷の徳島に戻ることになりました。療養しながらシステム開発の仕事に取り組むうちに、地元のスポーツ選手たちと親しくなり、「ITを使ってスポーツ支援ができないか」と考えるようになりました。当時、ITを用いて行う学習「eラーニング」の研究で有名な先生が地元の大学にいたことから、再び大学に通いました。
 大学院卒業後はドイツの大学に短期留学し、センサ技術や情報の伝え方、多角的な視点での情報分析について学びました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

官公庁システムエンジニア/商社経営企画

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.