夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.08787

ドイツ語は冠詞の使い方が難しい! どうしたら話せるようになる?

複雑なドイツ語の冠詞の変化

 ドイツ語は、冠詞の使い方が非常に複雑な言語です。ドイツ語を母語とする人は、いわゆる「語感」によって、複雑な冠詞の使い分けを無意識のうちに自然に行うことができますが、そうでない人にとってはかなり大変な作業でしょう。
 ドイツ語では名詞に性別があり、男性名詞、女性名詞、中性名詞に分類されるのですが、その性別ごとに、それぞれ異なる定冠詞、不定冠詞、代名詞を用います。男性名詞に用いられる定冠詞は「der」、不定冠詞は「ein」、代名詞は「er」、女性名詞への定冠詞は「die」、不定冠詞は「eine」、代名詞は「sie」、中性名詞への定冠詞は「das」、不定冠詞は「ein」、代名詞は「es」といった具合です。

文脈の外にある対象やつながりを読み解く

 さらに、ドイツ語では名詞の4つの格(主格、属格、与格、対格)に応じて、冠詞の形も変化しますし、数えられない抽象的な名詞を無冠詞で用いる場合もあります。冠詞の変化はその文脈の中に含まれている対象だけでなく、文脈外の対象を指示する形で起こる場合も多くあります。本当に自然な形でドイツ語の冠詞を使いこなすには、その会話や文章が展開されている場面や前後のつながりなども意識しておかなければなりません。このようなアプローチで、ドイツ語を冠詞に合わせて分析していく手法は、今後期待されている研究分野です。

言語を学ぶには、文法を基礎から

 ある程度年齢を重ねた人間が母語以外の第二言語を正確に習得するためには、その言語の文法をしっかりと学ぶことが必要です。海外留学などを経験して会話がある程度流暢(りゅうちょう)にできるようになったとしても、文法を理解していなければ、冠詞や助詞の使い方など、細かい部分を間違えてしまうからです。
 まずは文法を基礎から学んで、それから会話などの経験を積むことが大切になります。簡単に習得できる言語など、この世界には存在しないのです。

ドイツ語を専攻する

夢ナビライブ2018 東京会場

アイコン

なぜ外国語を学ぶのか?

アイコン

なぜドイツ語を専攻すればよいのか?

アイコン

身近なドイツ語

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 外国語学、言語学

帝京大学
外国語学部 外国語学科 助教
クラウス マヌエル フィリップ 先生

メッセージ

 現代のグローバル化した社会では、ものごとを学際的に考えることは非常に大切です。特に日本では、英語を使って文化と文化の間の架け橋を作ろうとする傾向が強いと思いますが、ほかの言語、例えばドイツ語などにも未知の力が眠っていることを知ってほしいです。ドイツ語を学ぶと、英語とはまったく違った角度からの思考が広がります。
 自分にとって新しい世界を発見したり、まだ出会ったことのない新しい自分を探求したりするためには、1つの視点だけでは足りません。あなたの視野をより広げてくれるのは、ドイツ語なのかもしれません。

先生の学問へのきっかけ

 ドイツ出身で、言語学の研究をしています。学生の頃、交換留学制度で来日して、大学でドイツ語についてさまざまな質問を受けたとき、自分はその用法のどれが正しくてどれが間違っているかということは言えるのに、なぜ正しいのか、なぜ間違っているのか、その説明がうまくできないことに気づきました。
 「自分の話しているドイツ語はどんな仕組みで成り立っているのか」「日本語をコミュニケーションツールとして利用して探究したい」と考えたのが、言語学の研究者になったきっかけです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

ドイツ関連の企業/商社/銀行/航空会社 など

大学アイコン
クラウス マヌエル フィリップ 先生がいらっしゃる
帝京大学に関心を持ったら

 医療系・文系・理系と幅広い分野の10学部32学科を擁する総合大学です。文系学部を中心とした八王子キャンパスでは、約15,000人の学生が学んでいます。東京多摩丘陵の自然豊かな景観に位置し、キャンパスリニューアルにより新校舎棟「SORATIO SQUARE(ソラティオスクエア)」が2015年9月完成。
 2017年11月には2期エリアが完成し、「帝京大学総合博物館」をはじめとした、施設・設備が整備され、教育指針である「実学」「国際性」「開放性」を柱に、自ら未来を切り拓く人材を育成しています。

TOPへもどる