夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.08761

予防歯科臨床に必要な力―患者とめざす「病気にならない」習慣

予防歯科医療へのパラダイムシフト

 あなたは歯科医療、例えば虫歯(う蝕)を治すというと「削る・詰める・抜く」というイメージを持っていませんか? 確かにこのような考えが中心の時代もありましたが、2000年頃からその認識は劇的に変化しました。それは、「予防歯科医療」へのシフトです。病気になる原因を科学的に把握し、原因やリスクを患者さんに論理的かつわかりやすい言葉で説明して、同意を得た上で、病気にならない習慣づくりを一緒にめざすのです。

情報力・提案力・指導力・技術力、そして伝える力

 予防歯科学は、虫歯や歯周病などの原因や予防に関する研究と患者さんへの診療、つまり研究と臨床が直結していることが特長です。ですから、臨床の現場では科学的な専門知識から患者さんとのコミュケーション能力まで、多面的な力が求められます。
 まず、患者さんは一人ひとり症状が違うので、個々の状況に応じた「情報収集」が必要になります。リラックスして本音で話せるような、環境もつくらなければなりません。そして、その情報を基に「リスク分析」を行い、気になる症状を放置すればどうなるかなどのリスクを伝え、その人に合った「予防プログラムの提案」を具体的に行います。アドバイスを実行に移してもらうためには、患者さんの行動変容につながる「口腔衛生指導」も必要です。そして、これら一連の流れを、専門家の「手技・技術」で支えていきます。虫歯に関わる歯肉縁上のプラーク(歯垢)や歯周病に関わる歯周ポケットのバクテリアを定期的に除去し、バランスよくコントロールできるかが重要になるのです。

自分の歯で生涯食べられるように

 近年では、キシリトールやエリスリトールなど、機能性食品の菌を抑制する効果(予防効果)の研究や製品化なども注目を集めています。
 予防というものは、決して目立つ存在ではありません。しかし、健康な口腔内環境を守り自分の歯で生涯食事を楽しむことができる人を増やすという、歯科医師がプライドを持って挑む、やりがいのある分野なのです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 歯学、予防歯科学

大阪大学
歯学部 予防歯科学教室 准教授
久保庭 雅惠 先生

メッセージ

 大阪大学歯学部は、研究環境が整っており、診療の面でもたくさんの患者さんと接することができます。また、研究のアイデアや成果を世界に向けて発信している先輩も数多くいます。
 私の専門である「予防歯科学」の世界は、研究と臨床がうまくミックスされている分野で、臨床の現場では患者さんとのコミュニケーション能力がとても重視されます。歯学部に興味のあるあなたも、そういう意味では、高校生のうちからさまざまな教養を身につけて、自身の引き出しを増やしておくことは決して無駄にならないと思います。

先生の学問へのきっかけ

 私は歯学部で学ぶ前に、農学部で学んでいました。その頃も研究者になることをめざしていたのですが、結婚・出産の時期と重なり、研究の道に進むことはできませんでした。ただ、夢をあきらめていませんでしたので、もう一度やり直す気持ちで歯学部編入に挑戦しました。何より「研究に携わりたい」という強い気持ちに支えられて、自分に合った予防歯科学の世界にたどりついたのです。研究者としてさらに前進すればどんな世界が見えるのかを見てみたい!という好奇心でまだまだ日々挑戦中です。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

勤務医/開業医/大学病院医員/大学教員/行政職 ほか

大学アイコン
久保庭 雅惠 先生がいらっしゃる
大阪大学に関心を持ったら

 自由な学風と進取の精神が伝統である大阪大学は、学術研究でも生命科学をはじめ各分野で多くの研究者が世界を舞台に活躍、阪大の名を高めています。その理由は、モットーである「地域に生き世界に伸びる」を忠実に実践してきたからです。阪大の特色は、この理念に全てが集約されています。また、大阪大学は、常に発展し続ける大学です。新たな試みに果敢に挑戦し、異質なものを迎え入れ、脱皮を繰り返すみずみずしい息吹がキャンパスに満ち溢れています。

TOPへもどる