夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.08751

幼稚園や保育園で「環境を通した保育」の実践をめざして!

子どもにとって楽しい遊びとは?

 日中を保育園や幼稚園で過ごす0~6歳の子どもは、絵本を読んだり積み木をしたり、園庭で鬼ごっこしたりして遊びます。ただ、ほとんどは大人主導の受動的なもので、そこに子どもの意志はあまり反映されていません。子どもたちに同じことをさせると管理は容易です。一方で、絵本を読むより外で遊びたい子や、積み木をやる気分じゃない子にとっては、決して楽しくはありません。
 自分がやりたいことをやるから楽しいし、それが子どもにとっての遊びです。

環境の豊かさとは、壊せるものが多いこと

 脳の大事な機能が密集している前頭葉の大半は、8歳頃までに作られると考えられており、就学前の子どもが主体的にやりたいことを見つけて挑戦したり、「やり切った!」という感覚を、遊びを通して体験できる環境はとても大切です。
 環境の豊かさとは、壊せるものが多いことだと言えるでしょう。例えば、グチャッとできる泥、折ったり割いたりできる木、摘むことのできる花など、アプローチに対して応答のある環境は楽しいのです。パソコンやゲームなど人工的なものも楽しいし室内でも遊べますが、壊して使うことはできません。壊せるものがいっぱいある自然環境にはかなわないのです。
 理想は、周辺にある森や川など地域の自然に触れながら自由に遊ぶ「里山保育」ですが、園庭に登り下りできる築山(つきやま)を作ったり、たとえ園庭がなくても室内環境を工夫することは可能です。

保育士自身が環境づくりを提案する

 子どもを管理することに重きを置いた保育に対して、保育士自身が「これでいいのかな?」と思えることが重要です。しかし、現状しか知らず疑問も感じなければ、環境は変えられません。里山保育などを実践している園を見学し、多様な選択肢を持てるようになること、そして保育士自ら本質的な環境づくりを提案することが求められます。また大人の価値観で判断せず、子どもの選択肢を尊重し、その行動を見守ることも保育士には大切な要素です。


この学問が向いているかも 教育学、保育学

東北文教大学
人間科学部 子ども教育学科 准教授
下村 一彦 先生

メッセージ

 子どもにとってその時期に十分に遊び切ることはとても重要です。就学前に過ごす保育園や幼稚園で、子どもが主体的に遊ぶにはどのような環境がいいのかを知るためにも、子どもと一緒に学びましょう。子ども特有の感覚を面白がれるあなたを待っています!
 それから、みそ汁を作れるようになってください。幼少期ほど食育は重要なので、みそ汁が作れれば、保育職に就いたときはもちろん、いつか親になったとき離乳食が作れます。味覚が敏感な小さな子に、レトルト食品ではなく、手作りのみそ汁を食べさせてあげましょう。

先生の学問へのきっかけ

 高校に通いながら感じた教育制度への疑問がきっかけで、大学は教育学部に進み、主に教育行政について研究しました。当大学にも教育制度の教員として入りました。学生たちは在学中、とても無邪気で生き生きとしているのに、卒業して保育現場に立った途端、変わってしまう現実を目の当たりにしたことから、保育環境についても研究することになりました。
 築100年の木造校舎と裏山で、暗くなるまで遊んだ小学校の思い出が私の土台です。今の子どもたちにも主体的に遊び切ることが絶対に必要で、その環境づくりに取り組んでいます。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

保育士(保育園、児童館、子育て支援センター、障がい児施設、児童養護施設、乳児院など)/幼稚園教諭/小学校教諭 など

大学アイコン
下村 一彦 先生がいらっしゃる
東北文教大学に関心を持ったら

 “自分らしさ”をのばし、人間性豊かな先生になる
 大学で学ぶための基礎を固め、専門教育へとつなげる「基礎教育科目」、教育・保育において必要な知識を修得する「専門教育科目」、教育や保育の現場で出会うさまざまな場面に応用できる、より専門的な知識と技術を修得する「専門発展科目」の三つの柱でカリキュラムが構成され、教育・保育のスペシャリストの養成をめざしています。
 また、学生一人ひとりの個性を大切にし、人間味ある先生となって子どもと関わり、未来を創っていってもらいたいと考えています。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる