夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.08649

超少子高齢化・人口減少社会で鍵を握る「健康」について学ぼう

世界に先駆けて進む高齢化と人口減少

 日本人の平均寿命は、2015年時点で、男性が80.75歳、女性が86.99歳という調査結果が厚生労働省から報告されています。1960年時点では、男性は65.32歳、女性は70.19歳でした。平均寿命が延びたことは経済的に豊かになった証しでもあり喜ばしいことです。
 一方で、日本国内の出生数は減少し続けており、今後も人口の増加は見込めない状況に陥っています。どこの国も経験をしたことのない超少子高齢化・人口減少社会は、私たちのすぐ目の前にまで迫ってきています。

自分自身の将来のための備え

 このような超少子高齢化・人口減少社会では、従来の日本の社会保障制度を既定路線でそのまま持続させていくことは難しくなると予想されています。いざという時のセーフティネットとしての制度はこれからも必要ですが、これまでよりも、一人ひとりが自分自身の将来に向けて備えることが重要な時代になっていくでしょう。そして、生涯のより長い期間自分らしく働き続けられるような能力獲得やそれを支える環境、子どもを育てながらでも働きやすい環境を、社会の中で整えていく必要があります。そうした環境づくりにおいて、重要なキーワードとなるのが「健康」です。

「健康」について総合的に学ぶことの大切さ

 健康とは、単に「病気あるいは虚弱ではない状態」を表すものではありません。身体的な健康、精神的な健康、社会的な健康、この3つの分野が相互につながり、支え合うことによって健やかに保たれます。運動、栄養は身体的な健康に重要な要素ですが、肉体的には問題なくても心に悩みを抱えていたり、社会で生活する上で難しい課題に直面していたりするなど健康とは言えない状態の人も少なくありません。
 一人ひとりが長寿を喜べる社会にするには、私たちは健康そのものについて、総合的に学ばなければなりません。そして、困っている人を困ったままにしない、問題を深刻化させない社会の仕組みを作るためには、「健康学」の知識を身につけた人材が必要とされています。


この学問が向いているかも 健康学

東海大学
健康学部 健康マネジメント学科 教授
堀 真奈美 先生

先生の著書
先生がめざすSDGs
メッセージ

 あなたの未来は幸せですか? 日本は、少子高齢化が進行し、人口減少社会へと移行していきます。これまでの社会や制度の枠組みのままでは、うまくやっていけなくなる部分がたくさん出てくると予想されています。
 あなたが今、「自分は幸せだ」と思うのならば、その幸せをこれから先の未来も続いていくための方法を、「自分は幸せではない」と思うのであれば、なぜ幸せと感じられないのか、その原因と解決策を考えて、みんなで一緒に学び、幸せな未来を築いていきましょう。

先生の学問へのきっかけ

 大学生の時、実家の祖父と祖母がほぼ同時期に病気で倒れ、入院中に寝たきりの状態になってしまいました。長期入院に必要な社会的な費用、看病などで家族にかかる負担も相当ありましたが、何より入院している本人たちが幸せな状態とは言えない状況に憤りを感じました。「こうした状況を解決する方法はあるのだろうか」と考えるようになり、「寝たきり老人がなぜ生まれるのか」という研究に取り組むようになりました。国際比較や地域比較をすると制度や社会経済的な要因があることがわかりました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

公務員(都道府県、市役所、消防、警察)/健康経営に熱心な企業/健康食品/フィットネスクラブなど健康産業医療機関/福祉施設/医薬品メーカーなど

大学アイコン
堀 真奈美 先生がいらっしゃる
東海大学に関心を持ったら

 東海大学は、全国のキャンパス(湘南・代々木・高輪・清水・伊勢原・熊本・阿蘇・札幌)に19学部75学科・専攻・課程を擁する総合大学です。「文理融合」の教育理念のもと、副専攻制度として、主専攻はもちろん主専攻以外の興味のある分野についても自由に学べるカリキュラムを用意しております。
 文系・理系の枠にとらわれない教育によって、柔軟な思考力とバランスのとれた総合力を身につけます。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる