夢ナビWebセレクション

東北文化学園大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • ソーシャルワーカー、
  • 社会福祉士、
  • 精神保健福祉士、
  • メンタルヘルス、
  • 精神障がい者、
  • スクールソーシャルワーカー

精神に障がいのある人が、自分らしく安心して暮らせる社会をめざして

「精神保健福祉士」の果たす役割とは?

 精神障がいに対する偏見や差別は、いまだに少なくありません。精神障がい者が、安心して社会参加できるように生活支援を行うことが、「精神保健福祉士」の大きな役割です。本人はもちろん、その家族に対しても、生活上で困っていることを聴き、家族に寄り添いながら支援を展開していく、国家資格の専門職です。
 同じソーシャルワーカーの国家資格である「社会福祉士」は、すべての人が対象ですが、精神保健福祉士は、精神障がい者(統合失調症、うつ病、認知症など)の人やその家族、またメンタルヘルスに課題を抱えている人たちが主な対象者となります。

スクールソーシャルワーカーとしても活躍

 いじめや不登校などの悩みを、一人で抱え込んでいる子どもがたくさんいます。小中高校ではこれまでスクールカウンセラーが問題解決に取り組んできましたが、子どもを取り巻く環境も多様化し、学校だけでは対応できなくなっています。貧困、ネグレクトなど、さまざまな問題を抱えた子どもと家族を支えるには、福祉分野の知識が必要です。そこで、行政や医療機関などの専門家と連携して活動している精神保健福祉士がスクールソーシャルワーカーとして学校に入り、子どもたちの健全化を図る取り組みも始まっています。

広がる職域、高まる期待

 精神保健福祉士はこれまで主に病院やクリニック、生活支援機関などで仕事をしてきましたが、活躍の場は教育現場や福祉事務所などにも広がっています。また更生保護施設などの司法福祉の領域や、企業で働く人たちのメンタルヘルスといった分野でも活躍しています。しかしその人数は、まだまだ少ないのが現状です。
 職域は今後ますます広がることが予想されます。こころの健康に関する研修会やイベントを開催したり、企業や行政に働きかけを行いながら、精神保健福祉士の認知度を高めること、そして人材を確保することが大きな課題となっています。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 社会福祉学


医療福祉学部 保健福祉学科 准教授
大竹 伸治

メッセージ

 「精神保健福祉士」という仕事を知っていますか? ソーシャルワークの専門職であり、精神障がいのある人のこころの痛みに寄り添いながら、社会の中で安心して生活できるように支援する仕事です。病院やクリニックはもちろん、学校や企業、福祉施設など、能力を発揮できる場所は多岐にわたっています。
 社会の中で期待されている精神保健福祉士という職業をめざしてみませんか。そして、障がいのある人が、自分らしく安心して生活を送れるように支援をしながら、社会参加できる仕組みをつくっていきましょう。

先生の学問へのきっかけ

 就職活動中に就職課へ相談に行くと、その日の担当は社会福祉分野が専門の方でした。もともと「人が人を差別したり、人権を侵害することに対して何か行動したい」と考え宗教学を学んでいましたが、障がい者に対する差別にも関心がありました。この方と話したことがきっかけで、福祉系の大学院に入り直してソーシャルワークの勉強を始めたのです。
 精神科の病院で精神保健福祉士として勤務し、精神障がい者の社会生活の困難さを目の当たりにしました。その後、精神保健福祉士の養成機関へ移り、現在も精神保健福祉関連の活動をしています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

精神科病院/精神科診療所/障がい福祉サービス事業所/障がい者相談支援事業所/社会福祉協議会

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.