夢ナビWebセレクション

高知県立大学の教員による講義

関心ワード
  • 英文学、
  • シェイクスピア、
  • 大英帝国、
  • イギリス、
  • 第一次世界大戦、
  • 政治、
  • 文学、
  • 抑圧

イギリス文学研究から読み解く、政治との密接な関係

大英帝国全盛期に文豪を多数輩出

 イギリスの国力発展と、イギリス文学は密接にリンクしています。イギリスは産業革命によって世界初の産業資本主義社会を迎え、世界各地で植民地支配を進めました。
 19世紀の大英帝国全盛期にイギリスは、ブロンテ姉妹、チャールズ・ディケンズ、ジョージ・エリオット、トマス・ハーディ、オスカー・ワイルドといった文豪を数多く輩出し、英文学は学問の一分野となりました。当時の作品を読むと、イギリス人が、中東やインド、アジアの国々に抑圧的な見方をしていた風潮が読み取れます。

国民をまとめるために利用された文学教育

 ヴィクトリア女王のもとでイギリスは世界を支配、リードしつつも、国内は混乱していました。支配階級と、産業革命後に生まれた中産階級の資本家たち、そして下層の労働者階級との間で格差は拡大し、3階層による階級間闘争が激しくなっていたのです。
 支配階級は、教養のない中産階級に文学で教養をつけさせれば、相互理解ができ、下層階級にも文学によって共通の考えが生まれやすく、共感できる範囲が広がるだろうと考えたのです。当時は哲学や政治学が王道の学問だったので、文学は、女性の教育にも手ごろな受け皿となりました。こうして、国民をまとめるツールとして、文学教育が利用され始めたのです。

第一次大戦後の英国再興にも、利用された文学

 20世紀に入って第一次大戦を迎えると、国民の士気を高めるため、文学が戦争に利用されます。シェイクスピアなどの古典を学び、愛国心や選ばれし民族という崇高さを自覚させたのです。イギリスは第一次大戦に辛くも勝利したものの、失ったものも多く、国全体が疲れ果て、進む方向が見えない状況となりました。
 戦後の1920~30年代、ケンブリッジ大学を中心に、英文学を読み、人間らしい生き方を模索する研究が活発になり、復興の一助となりました。このように、文学の政治利用が最も顕著に見てとれる事例が、イギリスとイギリス文学の関係なのです。

この学問が向いているかも 文学、政治学


文化学部 文化学科 准教授
鳥飼 真人 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 私はイギリス文学を研究しています。文学研究とは、単なる架空の物語を読み、それについて感想を述べ合うだけの学問ではありません。文学作品は、いま生きている現実の世界を考える上で、非常に役立つツールなのです。
 文学研究によって培われた文学的センスは、あなたがこれから社会で活躍するために必要不可欠な、実用的なセンスです。文学研究に興味があるなら、私たちと一緒に高知県立大学で文学を学びましょう。

先生の学問へのきっかけ

 中学2年生の時、英文法で挫折したのですが、高校で文法をしっかり教わり、イギリス人の外国語指導助手の先生の授業も楽しく、英語が好きになりました。大学は英文科に入り、2回生の時に文学批評理論の授業を受けて、文学研究が社会や世界のあり方を考えることに直結する面白さを知りました。読み方の理論が体系化されていて、多様な学問を援用したアカデミックな読み方が衝撃的でした。
 文学研究は、マルクスの経済論を援用した文学批評、フロイトの精神分析を用いて作者の心理を研究する方法など、さまざまな手法を理論化した学問です。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.