夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

TOPへ戻る

講義No.08524

社会主義なのに市場経済? 中国経済はどのように動いているか

水と油が同居する経済体制

 資本主義の多くの国々では、民主主義と市場経済によって国と経済が動いています。一方、現在の中華人民共和国では、「社会主義市場経済」という経済体制が採用されています。かつての中国は社会主義と計画経済によって動かされていて、土地も企業もすべて中国共産党の管理下にありました。公有制、計画性、党の支配の3点は、欠かせないメルクマール(指標)だったのです。しかし1990年代の初め頃から、政治的には中国共産党による社会主義を維持しながら市場経済を導入するという方針が示され、社会主義市場経済という水と油の同居のようにも見える体制が実現しました。

中国の国有企業と民間企業

 現在の中国経済は、国有企業と民間企業が混在していて、曖昧な形でありながら実際にはそれぞれが機能しているという状況にあります。中国の各国有企業は非常に巨大で、世界の企業の売上高ランキングの上位に何社も名を連ねるほどですが、その大半は中国国内での売上で、巨大ではあるけれどグローバルではないという特徴を持っています。これらの株式を所有する中国共産党にとって、国有企業は党の支配体制の基盤となる重要な存在です。
 一方、中国の民間企業では、日系企業を上回る多数の特許を取得するメーカーなどの成長が著しく、その将来性の高さに期待が集まっています。柔軟なアイデアを取り込んで発展しつつある民間企業と、旧態依然とした国有企業との間のギャップは、次第に大きくなりつつあります。

一党支配の体制は続くのか?

 中国共産党による一党支配の体制は、党が国民に「あなたの暮らしはこれからよくなります」と約束することと引き換えに維持されてきた側面があります。しかし、さまざまな要因によって国有企業の基盤が揺らぎ、経済成長率の維持が困難になり、その約束が果たせなくなってくると、一党支配の体制を続けることは難しくなります。近い将来、中国の政治と経済のあり方に、また大きな変化が訪れるかもしれません。


この学問が向いているかも 経済学

中央大学
商学部  教授
酒井 正三郎 先生

メッセージ

 受験勉強は大学に入るためだけの勉強と思われがちですが、そんなことはありません。私は、受験勉強は知的な緊張に耐えるための訓練の期間と考えています。大学卒業後には、また実社会での競争が待っています。大学に入るための競争と、実社会での競争、この2つの競争の間にある大学の4年間は、競争とは無縁であることが可能な、人生にとってとても貴重な時間です。今はそういう貴重な時間を手に入れるための準備期間だと考え、日々健康に気をつけながら、がんばってください。

先生の学問へのきっかけ

 大学生の頃、世界ではベトナム戦争、国内では学生運動が起こっていて、そうした社会情勢は関心のありかにも大きな影響を及ぼしました。
 当時から中国とロシアに関心があり、経済学者のヨーゼフ・シュンペーターの本を読み、「社会主義と民主主義の違い」や、「中国やロシアの経済はどのようにして動いているのか」、といったテーマに興味を抱いていました。
 学んでいた経済学部のゼミの恩師に相談したところ、経済学部から商学部に転部してはどうかというアドバイスを受け、商学部で中ソ経済論の研究に携わるようになりました。

大学アイコン
酒井 正三郎 先生がいらっしゃる
中央大学に関心を持ったら

 中央大学は、1885年の創立から「實地應用ノ素ヲ養フ」という建学の精神のもと、実社会が求める人材を育成する実学に取り組んできました。社会の課題に応える人材育成をめざし、豊かな教養、異文化を理解する力など、幅広い人間力の形成をめざす教育とともに最先端の学問を追究しています。熱意あふれる教員たちから生きた知識を吸収し、キャンパス内で多様な学生たちが切磋琢磨しあい、留学制度などを活用して社会を知る。中央大学は、社会に通用する実学を修得できる大学です。

TOPへもどる