夢ナビWebセレクション

桃山学院大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 学校、
  • 子ども、
  • 福祉、
  • 生活、
  • 勉強、
  • 家庭、
  • 生徒、
  • スクールソーシャルワーカー、
  • 支援

スクールソーシャルワーカーがつなぐ、子どもへの支援

教育の分野で活動する福祉の専門職

 ソーシャルワーカーとは、社会福祉士や精神保健福祉士といった福祉の専門資格を持ち、生活の困りごとや不安を抱えている人に対して問題解決の道案内をする専門職です。児童相談所で子どもに関する支援をしたり、市町村の福祉課などで住民の相談を受けたり、病院で患者さんの自立を支援したりしています。そして、学校という教育の分野で活動するソーシャルワーカーが「スクールソーシャルワーカー(SSW)」で、生徒が学校生活を送る上でのさまざまな困りごとの解決を図るために、生徒を取り巻く環境に働きかけて支援を行います。

生徒にはさまざまな生活環境や理由がある

 学校内の友人関係の悩みであれば、クラスメイトや先生、部活の仲間など、いろいろな方向から話を聞き、生徒本人の気持ちを尊重しながら解決法を一緒に考えます。生徒の生活の場は学校だけではなく、家庭、塾、地域とのつながりなど、いくつもの生活環境があります。学校に来られない、来たくないという生徒に対しては家庭訪問し、経済的な事情があれば家の人に就学援助制度などを紹介します。精神的な悩みが大きければ、専門のカウンセラーや医療機関につなぐこともあります。学校から帰って家庭に居づらければ、その子を支える場として、遊んだり、勉強を教えてくれて居場所にもなる地域のNPOなどを紹介します。

学校の外部へ、支援の手をつなぎに行く役割

 学校では、障がいのある生徒や外国にルーツをもつ生徒も一緒に学んでいます。SSWは、どの子にとっても学校が意義ある空間になるように、その子の事情に適した協力者を外部に求めて手をつなぎに行く、コーディネーターの役割を担っています。
 日本では、悩みがあっても公的な機関や専門家に相談するという文化が根付いておらず、「こんなことを人に言うのは恥ずかしい」と考え、解決できずに悩んでいる人が少なくありません。SSWは子どもに寄り添いながら、抱えている問題を引き出し、その生徒に応じた解決のための「つながり」をつくる水先案内人なのです。

スクールソーシャルワーカーがつなぐ支援

この学問が向いているかも 社会福祉学


社会学部 社会福祉学科 准教授
金澤 ますみ

先生の著書
メッセージ

 日本での「スクールソーシャルワーカー(SSW)」の歴史はまだ浅く、スクールカウンセラーとの違いも一般には認識されていないのが実情です。SSWは学校生活に問題を抱える生徒と、外部の協力機関との架け橋になる役目をします。
 「誰かと一緒に何かを協働するのが好き」「学校をよりよい場所にしたいという思いがある」「わからないことをわからないとちゃんと言えて、いろいろな機関の人に相談できる」ことが、SSWに必要な要素です。誰もが学校生活を意義あるものにするための支援役を、めざしてもらえたらうれしいです。

先生の学問へのきっかけ

 高校生のとき、将来は子どもに関わる仕事をしたいと考え、子どもに関する社会福祉分野があると知りました。
 海外の学校には「スクールソーシャルワーカー」という福祉専門職がいると聞き、「教師以外の立場から子どもたちに関わる仕事がある!」と憧れていました。当時、日本ではスクールソーシャルワーカーという職業は存在していませんでしたが、あきらめず大学院で研究を続けました。その後、日本にもスクールソーシャルワーカーが登場し、その仕事に就きました。現在は、学校という場のよりよいあり方について研究を続けています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

スクールソーシャルワーカー/児童相談所/児童養護施設

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.