夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.08356

新しい地域空間を創造するために、日本の住まいを歴史や文化から考える

周辺にある歴史的建造物に目を向ける

 私たちが生活している地域は常に変化し続け、新しいものと古いものが重なり合って形成されています。古いものには歴史的背景や価値を持つ城下町や住宅遺産などがあります。毎日の暮らしの中で見過ごしてしまいがちですが、その存在に気づき、その地域がどのような経緯で形成されたのかを調べてみると、今の地域や文化、暮らしに役立つ情報がたくさんあるはずです。

地域の歴史的建造物のユニークさを見出す

 青森県鯵ヶ沢(あじがさわ)町に東北最大と言われる旧陸軍演習場の兵舎の施設がありました。戦後70年という節目に歴史遺産に対する価値を見直し認識を新たにするという気運の高まりを受け、鯵ヶ沢町でも調査が始まりました。調べてみると明治時代の木造兵舎が1棟現存し、廃屋寸前になっていました。しかしそこに建てられた歴史的背景や、広大な敷地に配置された施設の機能性や目的といった観点から、文化財としての高い価値が認められたのです。現地で調査結果の報告会を開き、丁寧な測量をもとに作成した模型を提示し、わかりやすい言葉で繰り返し説明したことで、地域資源を再発見する契機になりました。兵舎は修復保存され、地域振興に貢献することが期待されています。

空間秩序を学び、これからのまちづくりに生かす

 歴史的町並みを調べると、町を構成する空間には約束事があったことがわかります。上手や下手、表と奥といった領域、土地の傾斜などあらゆることを考慮し、工夫を積み重ねて町並みはつくられていました。一方、今自分の住んでいる町を見ると、約束事など無視されて個々がそれぞれの都合によって建物をつくっていることがわかります。決して空間秩序が保たれているとは言えません。
 歴史のある建物や町並みの空間を観察し、空間秩序の保たれていた生活文化や様式をこれからのまちづくりに取り入れることで、人と人との関わり方も変わっていくかもしれません。


この学問が向いているかも 建築学、歴史学

東北工業大学
ライフデザイン学部 生活デザイン学科 教授
小山 祐司 先生

メッセージ

 歴史的な建物が多くて魅力的な空間というと、京都の町並みを連想する人は多いと思います。ですがどの地域にも、優れた住宅空間や集落空間は必ずあります。それを探しに行きましょう。そこにはきっと、ワクワクする驚きの体験が待っているはずです。
 どんなことを学ぶのか、興味関心のある人は、ぜひ研究室に遊びに来てください。高校の図書館にはない専門的な資料がたくさんあるので読んでみてください。一緒にフィールドワークをしてみると、ますます興味が湧いてくると思いますよ。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

建設会社施工管理/建築設計委事務所設計監理/住宅メーカ-営業

大学アイコン
小山 祐司 先生がいらっしゃる
東北工業大学に関心を持ったら

 本学では、「創造から統合へ」をユニバーシティスローガンに掲げ1964年の創設以来、3万人を超える卒業生を輩出し、日本の、とりわけ東北地域の産業・経済の発展に大きく貢献してきました。自然に囲まれた豊かな環境でありながら、仙台市街地にも近く利便性の良い 「八木山キャンパス」「長町キャンパス」の両キャンパスで創造的な思考を学ぶべく、最先端の環境を整え、学生の期待と意欲に応えるカリキュラムを用意しております。
 進化し続ける学びのステージ。それが東北工業大学です。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる