夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.08259

観光地「京都」はどうやってできたか? ~まちづくりと観光の関係~

京都の観光地としてのイメージ

 京都には年間6000万人もの観光客が訪れます。重要文化財や世界遺産が多い京都は、歴史的で外国人観光客がたくさんいるイメージがあるでしょう。しかし実際には、京都を訪れる外国人観光客の数は、大阪よりもずっと少ないのです。京都は、観光以外の産業のほうが発展しているのです。では、観光地「京都」のイメージは、どのようなまちづくりによってできあがったのでしょうか?

人々の力で再生した京都の街

 現在は観光客で賑わう京都も、衰退していた時期があります。明治初期、天皇が東京に移り住み、産業が東京に集中するようになると、数年で人口が幕末の半分にまで落ち込みました。そこで京都では街を盛り上げる、新しい取り組みが次々と行われました。水力発電や路面電車、小学校など、いずれも日本で初めて京都市で導入されました。驚くべきことに、それらの多くは住民たちでお金を出しあって行われたものでした。どうにかして京都の街を再生したいという住民たちの思いが、新たな街の魅力を生み出したのです。観光には街の持つ魅力だけでなく、その土地の住民のまちづくりへの取り組みが大きく関係しているのです。

良い観光地をつくるには?

 観光は必ずしも地域に良いことをもたらすとは限りません。例えば、一番観光客の多い紅葉シーズンには、通常は車で30分で行ける場所まで、6時間かかることもあります。京都という街の容量では、現在の観光客の人数を受け入れきれなくなりつつあります。そのために、京都に住む人々の生活が不便になってしまうという問題があるのです。
 そこでヒントとなるのがほかの地域の事例です。地域の環境を生かして魅力的な観光資源を生み出している北海道の富良野や、地域の再建に取り組んでいる東日本大震災の被災地などを見ていくと、地域とそこに住む人々のより良い在り方について考えることができます。持続可能な街や人を豊かにできるまちづくりを探究するという面が「観光学」にはあるのです。


この学問が向いているかも 観光学、地理学

同志社女子大学
現代社会学部 社会システム学科 教授
天野 太郎 先生

先生の著書
メッセージ

 「地理学」とは本来人間と地域の関わりを学ぶ学問です。また地理学は、気象や地震、海洋などの分野も含み、理系にも文系にも分類される学問です。
 私はその地理学の幅広さに大学に入ってから気づきました。学問というのは私たちが思っているよりも幅広いものです。あなたが今勉強して面白くないと感じている教科もその分野のごく一部で、もっとよく知ることで興味を引く問題や面白いことが発見できるかもしれません。目先の面白さで学問を判断するのではなく、幅広い視野で学び、学問の本当の面白さを見つけてほしいと思います。

先生の学問へのきっかけ

 「地理」というと、どのようなイメージを持っていますか? 「暗記することが多く、苦手だ」「地理よりも歴史のほうが好き」そう思っている人も多いかもしれません。
 実は私も高校まで地理が苦手でした。しかし大学で「地理学」の重要性と幅広さを知って興味を持ち、地理学を研究するようになりました。
 そして、京都大学の大学院では、「京都」を研究テーマに選びました。「京都」を舞台にした「観光学」についても研究しています。観光学とは、経済や地理、歴史や心理学など、いろいろな分野が融合した学問なのです。

大学アイコン
天野 太郎 先生がいらっしゃる
同志社女子大学に関心を持ったら

 『Always rising to a new challenge(いつの時代も、新しきを生きる。)』
 同志社女子大学は創立以来、常に時代の先駆けとなる新しい教育・研究に挑戦し、143年の歴史を歩んできました。キリスト教主義、国際主義、リベラルアーツを教育理念とし、学生一人一人が持っている才能を生かして、責任感を持って社会に貢献できる女性を育むことをめざしています。専門分野の研究のみならず異なる領域について学ぶことで、幅広い視野と豊かな発想、総合的な判断力を養うことを教育の基本に据えています。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる