夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.08240

「髪の毛の種」を大量生産?! ~毛髪再生医療の実現に向けて~

毛包を量産するための課題とは

 髪の毛は、皮膚にある毛包(もうほう)と呼ばれる器官から産生されます。男性によく見られる男性型脱毛症などを治療する方法として、毛包に含まれる細胞を移植するという研究は、比較的古くから行われてきました。そして最近、これらの細胞を塊(毛包原基)にして移植することで、効率よく毛髪を作り出す毛髪再生医療の手法が考案されました。しかし、毛包原基を作製する際に、顕微鏡で見ながら細胞を操作しなければならず非常に手間のかかるものでした。脱毛症の治療には、何千本という単位で毛包原基が必要ですので、大量に作製する技術が大きな課題となっていました。

培養器に施した構造的な工夫

 毛包原基とは、毛包に含まれる上皮系細胞と間葉系細胞という2種類の細胞を、ちょうど「雪だるま」のようにそれぞれ塊の状態にしてくっつけたものを呼びます。この毛包原基を大量生産するための突破口となったのは、培養器の工夫でした。通常、細胞培養器にはガラスやプラスチック製の平らなシャーレを用いますが、酸素を通しやすいシリコーンゴムを用い、底に無数の小さなくぼみのある特殊な構造にしたのです。これに2種類の細胞を混ぜたものを入れると、一つ一つのくぼみで細胞同士が自然に集まり塊を作ります。さらに3日間ほど培養すると、2種類の細胞が塊の中で勝手に分かれ、雪だるまのような毛包原基が自然と作られます。こうして大量に作製された毛包原基を皮膚に移植すると、そこから毛髪が生え、さらに抜けて生えてという自然な毛周期を繰り返すことが、動物実験で実証されました。

誰も薄毛に悩まなくなる時代が来る?

 再生医療の研究では、元となる細胞をどこから入手するかという課題があります。iPS細胞(人工多能性幹細胞)も候補の1つですが、毛髪の再生医療では、本人の後頭部の毛包の細胞を基に毛包原基を作る方が、コスト面や安全面から適切ではないかと考えられています。近い将来、誰も薄毛に悩まなくてすむ時代が訪れるのかもしれません。

近未来の医療~人工臓器と再生医療~

夢ナビライブ2017 東京会場

アイコン

医療機器業界の現実的な話

アイコン

医工学の夢のある話

アイコン

医工学の夢のある話~毛髪編~

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 生物工学、医工学

横浜国立大学
理工学部 化学・生命系学科 教授
福田 淳二 先生

先生の著書
メッセージ

 あなたは、スマホのゲームにはまって、寝不足の日々を送ったことはありますか? 大学はある意味、それと同じことが起こりうる場所です。興味を持って面白いと思ったテーマに、納得するまでとことん打ち込むことができます。ゲームとの違いは、「誰かが答えを準備してくれているわけではない」という点です。
 なかなかクリアできないこともあります。でも、もし現実の世界で誰もやっていないことを発見したり、作ったりできれば、みんなが認めてくれます。興味の持てるテーマや研究室があれば、思い切って飛び込んでみてください。

先生の学問へのきっかけ

 高校生のとき、大酒飲みであった父を見ていて、「父が肝臓を壊したら、自分が大手術をして肝臓を半分取り出し、提供しなければならなくなるんじゃないか、何かもっといい方法がないか」と考えたのがきっかけで、大学では人工肝臓を開発している研究室に入りました。
 研究に携わると、肝臓はトカゲの尻尾のように再生する能力があるなど、不思議な臓器であることがわかり、それ以来、再生医療の分野の研究にのめり込んでいきました。
 最近では学生と一緒に毛髪の再生医療の研究にも取り組み、テレビや新聞、企業からも注目されています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

医療機器製造企業研究員/ヘルスケア関連企業研究員/電気機器製造企業研究員

大学アイコン
福田 淳二 先生がいらっしゃる
横浜国立大学に関心を持ったら

 横浜国立大学は、高い国際性と実践的な学問を尊重し、社会に開かれた大学をめざします。全学部の学生がひとつのキャンパスで学び、学部の垣根を越えた交流ができ、国立大学には数少ない経営学部も置かれています。新しい潮流を起こして21世紀の人類社会に貢献できるよう、社会からの要請を的確に把握し、国民から委ねられた資源を有効に活用しつつその活動を開放し、社会の期待に応えます。

TOPへもどる