夢ナビ 夢ナビ

TOPへ戻る

講義No.08145

医療と創薬に力を発揮する「人工染色体」の可能性とは?

大きな遺伝子を運べる人工染色体の開発に成功

 染色体は、生命の設計図です。その中にはたくさんの遺伝子が入っています。最近では、染色体を操作する研究が進み、人工染色体の作製が可能になりました。新しく開発された「人工染色体ベクター」は「運び屋」を意味する名前です。これまでのベクターは、イメージとしてはバイクのような、ほとんど荷物(遺伝子)を運べないものでした。しかし、人工染色体ベクターは、貨物列車やタンカーのように大きな荷物(遺伝子)を運ぶことが可能です。

修復した遺伝子を持つ細胞を体内へ戻す治療法も

 人工染色体ベクターの大きな遺伝子を運べるというメリットを生かして、医療分野の研究が行われています。
 例えば、筋肉の疾患である筋ジストロフィーという病気は、X染色体上のジストロフィン遺伝子(人間の中で、一番大きな遺伝子)が欠損することが原因です。その治療法として、患者さんのiPS細胞をつくって人工染色体に正常な遺伝子をのせて、遺伝子の修復された細胞を患者さんの体内へ戻すという方法が考え出されました。現在、実際の治療に使えるよう、さらに研究が進められています。

薬の安全性の確認と、「創薬」の可能性

 そのほかにも、人工染色体を使ってヒトの巨大遺伝子をマウスの体内へ運び、ヒト化したモデル動物をつくることができます。ヒトと同様の薬物代謝酵素を持つマウスを使えば、薬が人間に及ぼす影響を調べることができるので、とても役に立ちます。また、現在では抗体医薬という薬が医薬品の売り上げの半分以上を占めています。抗体は私たちの体の中から異物を排除する働きを持っています。ヒト型の抗体は、通常ではマウスからはつくれませんが、人工染色体を使うと、ヒト型の抗体をマウスの体内でつくることができます。こうしたマウスの体内でできたヒト型の抗体を、人間の体内に入れても拒絶反応は起こりません。つまり、マウスの体内でつくった抗体が、ヒトの治療薬となるのです。
 このように人工染色体は、医療や創薬の分野で、大きな可能性を秘めたものなのです。

参考資料
1:ヒト化モデルの例:ヒトに近い薬物代謝能を持つ動物の作製

この学問が向いているかも 生命科学

鳥取大学
医学部 生命科学科 准教授
香月 康宏 先生

メッセージ

 私たちの研究室では、染色体をベースにして、新しい「人工染色体ベクター」を開発しました。これはある意味、遺伝子を運ぶ、乗り物のようなものです。これまでのベクターは、小さな遺伝子しか運べなかったのですが、人工染色体ベクターは大きな遺伝子を運ぶことができます。その人工染色体を用いて、筋ジストロフィーの応用研究や、がんの治療に役立つ抗体医薬品をつくる研究を進めています。ぜひ一緒に研究を進めていきましょう。

先生の学問へのきっかけ

 私は高校に進学した頃から、「がんの治療に役立つ研究をしたい」と考えていました。高校2年生頃から、遺伝子治療が脚光を浴びはじめ、この分野を研究すると、効果的にがんの治療ができるのではないかと思うようになりました。世界中のより多くのがん患者さんを救うことができる可能性を感じたのです。
 そして、当時はまだ鳥取大学にしかなかった、「医学部・生命科学科」を見つけて入学しました。期待通りの学科で、現在も鳥取大学で、人工染色体を使った遺伝子治療や創薬研究など、最先端の研究に取り組んでいます。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

製薬企業/食品関連企業/大学/公的研究機関などの研究職

大学アイコン
香月 康宏 先生がいらっしゃる
鳥取大学に関心を持ったら

 鳥取大学は、教育研究の理念に「知と実践の融合」を掲げ、高等教育の中核としての大学の役割である、人格形成、能力開発、知識の伝授、知的生産活動、文明・文化の継承と発展等に関する学問を教育・研究し、知識のみに偏重することなく、実践できる能力をつけるように努力しています。また、研究・教育拠点、幅広い専門的職業人の養成、地域の生涯学習機会の拠点、社会貢献機能など個性輝く大学を目ざし、地方大学にこそ求められるオンリーワンの研究開発を行い、社会に貢献し、国際的競争力を確保できる大学運営を目ざしています。

TOPへもどる