夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.08139

現代ニッポンの礎をつくった信長の「革命」

戦国時代は、実はグローバル化の時代

 戦国時代を舞台にしたゲームが人気ですが、実際は戦国大名の誰もが全国制覇をめざしたわけではありません。自分の領地を守るのに精一杯で、財産や人命を賭けてまで幕府をつぶす余裕も必要もなかったのです。では、なぜ織田信長は天下統一をめざしたのでしょうか。そこには日本国内だけを見ていては理解できない事情がありました。当時は世界規模で、人の交流や植民地化が急速に進んだ大航海時代でした。高い軍事力を持ったスペインやポルトガルがやって来た日本も、急いで新しい国づくりをして、軍事力を強める必要があったのです。

天下統一は、「革命」だった!

 そこで思想家だった信長は、これまでの幕府と朝廷が一体化した権威構造を打ち破り、合理的なシステムをめざそうとしました。その1つの策が、領地争いに明け暮れる大名たちをまとめるために、領地・領民・城郭を取り上げて公有化することです。代わりに大名の実力や働きぶりに応じて石高を預ける石高制(こくだかせい)をつくりました。これは江戸時代の官僚制社会につながっていきます。天下統一は、国内の争いの中で自然となされたものではなく、アジアや世界を見据えて一人で奮闘した信長と、それを受け継いだ豊臣秀吉によってなされた大革命だったのです。

「本能寺の変」の首謀者は誰だ?

 その後、信長は本能寺で、家臣の明智光秀によって死に追い込まれます。しかし、光秀を利用して、信長討伐に導いたのは足利義昭だったのではないかと考えられます。室町幕府はそれ以前に滅びたと歴史の教科書には記載されていますが、実際には足利将軍家の権力は生き続けていたのです。
 このような史実を、自分とは関係ないものと思うかもしれません。でも、現代の生活・文化・しきたりなどの多くは江戸時代に起源を持ち、その基礎ができあがったのが信長・秀吉の時代なのです。日本史を学ぶことは、過去を明らかにするだけではなく、過去を現代に照らして、社会や国の仕組みを理解することにもつながるのです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 日本史学、歴史学

三重大学
教育学部 社会科教育 教授
藤田 達生 先生

先生の著書
メッセージ

 私の専門は、戦国時代から織田信長・豊臣秀吉によって統一される「織豊(しょくほう)時代」の研究です。この時代は、現代社会の基礎になる時代で、この時代を知ることが現代を知ることにつながるところが非常に興味深いです。
 また、日本史の研究は、古文書をこつこつと地道に読み解き、正確に解釈することが基本となりますから、その点は理解しておいてください。小中高校の先生をめざす方は、歴史については私が一生懸命指導します。ぜひ三重大学教育学部に来てください。

先生の学問へのきっかけ

 私の郷里には、城山や氏神さま、先祖が切り拓いた田畑があり、四季折々の行事がありました。そんな中で、自分の家や地域の歴史についてもっと知りたいと思ったことが歴史学に興味を持ったきっかけです。
 研究では、最初は民衆や村落史に興味があったのですが、それと対峙(たいじ)する大名のことがわからないと本当の民衆社会が理解できないと思い、戦国大名の研究も始めました。そして古文書との偶然の出会いから、信長や秀吉の人柄や生き方にひかれるようになりました。古文書の発見で通説がくつがえることも歴史学の醍醐味の1つです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

小・中・高等学校を中心に学芸員・公務員・教科書会社などへの就職が実現していますし、本学や他大学の大学院への進学者も送り出しています。

大学アイコン
藤田 達生 先生がいらっしゃる
三重大学に関心を持ったら

 三重大学は、5学部を擁する総合大学です。教育・研究の実績と伝統を踏まえ、「人類福祉の増進」「自然の中での人類の共生」「地域社会の発展」に貢献できる「人材の育成と研究の創成」を目指し、学術文化の受発信拠点となるべく、切磋琢磨しています。

TOPへもどる