夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

検索結果一覧へ戻る

講義No.07806

日本と欧米の経営スタイルはこんなに違う!

同じ会社でずっと働く不思議

 日本人が当たり前に思っている経営スタイルや勤務スタイルには、欧米の人から見ると、奇妙に見えることがたくさんあります。例えば日本人は、会社に就職すると、同じ会社にずっといるのが良いことだと考えています。欧米では、自分のステップアップとして、より給料が高く、より自分の能力を生かせる会社に転職しようとする傾向があります。日本のスタイルだと、社員は一つの会社しか知らないので、視野が狭くなってしまいがちです。欧米スタイルのほうが、いろいろな会社を見て、比較することができるので、ライバル会社の考え方を理解することにもつながります。

「アットホーム」か「ライバル視」か

 日本の企業は、欧米の企業より職場の雰囲気が良いと言われています。ずっと一緒に働くという意識があるので、自分が目立って活躍することより、仲間とのバランスを優先します。欧米では、「同僚はライバル」という意識から、互いに情報を共有しないことも多く、職場でのハラスメントも横行します。
 ただし、グループ意識の強い日本では、物事の決断に時間がかかる傾向があります。リーダーに絶対的な決定権がある欧米と違い、決裁を仰ぐべき人間がたくさんいるため、緊急の際にスピードを要する判断ができない場合があるのです。

注目される日本型の経営スタイル

 日本と欧米それぞれのスタイルに、メリット、デメリットはありますが、それらを単純に比較して、良し悪しを決めることはできません。両方のスタイルを知ることで、選択の幅が広がります。そして何より大事なのは、自分なりのスタイルを構築することです。
 2008年に起こったリーマン・ショック以降、ヨーロッパの企業は、日本型の経営スタイルに注目しています。欧米型の経営では切り抜けられない状況に直面し、新たなスタイルを模索しているのです。特にカスタマーサービスとチームワークの良さを高く評価し、自分たちの経営に上手に取り入れたいと考えています。


経営学入門 ~企業経営成功への4つの力~

この学問が向いているかも 経営学

上智大学
国際教養学部 国際教養学科 教授
ハギリアン・パリッサ 先生

メッセージ

 「経営学」で学ぶものは、「action」「challenge」「fun」です。
 経営学を勉強した人は、日常生活をより簡単(easy)にすることができるというのが、私の考え方です。経営学を学べば、ファイナンスについてもわかるし、ニュースについてもわかるようになります。会社で自分のするべき仕事を早く見つけることができます。大事なのは、生活をより良く(better)することではなく、より簡単(easier)にすることではないでしょうか。

先生の学問へのきっかけ

 オーストリア出身です。ウィーン大学で日本について学び、ウィーン経済大学で経営学を学びました。
 日本が大好きだったので2004年に来日し、日本で経営学の研究を続けました。「ナレッジマネジメント」という個人の知識や情報を組織全体で生かそうという経営管理の手法について研究するつもりでした。しかし日本に来てみると、驚いたことにどこへ行っても、日本人から欧米と日本の違いについての質問ばかりされました。
 そこで、そういう人たちにきちんと説明できるように、異文化の比較を研究テーマにしようと考えたのです。

大学アイコン
ハギリアン・パリッサ 先生がいらっしゃる
上智大学に関心を持ったら

 上智大学は日本初のカトリック大学として開学し、2013年に創立100周年を迎えました。創立当初から国際性豊かな大学として、外国語教育に重点を置いてきました。留学制度も充実しており、世界35ヶ国に140校にも及ぶ交換留学協定校をもち、毎年約200人の学生が世界各国へ交換留学しています。また、少人数教育も本学の伝統のひとつです。教員と学生の距離が近く、また学生同士が率直に意見を交し合う、きわめて理想的な教育環境が整っています。他者を思いやり、社会に奉仕できる人材を育成します。

TOPへもどる