夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

検索結果一覧へ戻る

講義No.07659

人の心を理解して、対人援助を考える「臨床心理学」

心の問題に、専門知識で対処する

 誰もが日々の生活の中で、悩みや苦しみを抱え、それを自分自身の努力や工夫、時には周囲の人たちの励ましや助言を受けることで、乗り越えながら生きています。ただ、問題があまりにも大きいものだった場合、努力や励ましだけでは解決できなくなることも少なくありません。そんな時、その人の状態を検査や心理テストを通じて把握し、問題解決のための対処法を検討するのが「臨床心理学」です。

「心理学」は、さまざまな学問の集大成

 「心理学」は、人の考えていることを推理したり、当てたりする学問だと思っている人が多いようです。確かに、心理テストなどを通じて相談者の心理状態を査定する方法なども学びますが、基本は「心の動きと行動とを科学的に分析」することです。哲学や行動科学、精神医学、統計学などのさまざまなジャンルの研究を融合させた学問だと言えます。そして、心理学の知識を応用し、心の問題を解決するための理論や方法を考える学問が臨床心理学なのです。
 学校にいる「スクールカウンセラー」の大半は、臨床心理学を学んだ「臨床心理士」で、心の問題に苦しむ生徒や家族などに、問題解決のための助言や支援を行う役割を担っています。

その心理状態や行動も科学的に説明できます

 日曜の夕方に放送されているTVアニメ『サザエさん』のエンディング曲を聞いて、翌日の月曜日のことを考えて憂鬱(ゆううつ)な気分になったことはありませんか? また、お葬式に参列した時、自分の前の人のお焼香の仕方を無意識にまねした経験はありませんか? これらの心理状態や行動は、心理学の「行動理論」「学習理論」に当てはまります。人間の行動の多くは心理学的に分析・分類可能なのです。
 心理学は、さまざまなジャンルの研究を融合させた学問なので、覚えなければならない理論や概念が数多くあります。しかし、学んでいくうちに自分自身の体験や行動に当てはまる部分も多く、非常に興味深い学問なのです。


この学問が向いているかも 臨床心理学

九州保健福祉大学
社会福祉学部 臨床福祉学科 准教授
前田 直樹 先生

メッセージ

 試験の時、緊張し過ぎて実力を発揮できなかった経験はありませんか? 心理学的には、「緊張」はごく自然な現象です。「緊張の中で、自分がどこまでやれるか試してみよう」という気持ちの切り替えができれば、実力が出せなくなる状態を回避できるかもしれません。
 大学で学ぶべき、自分に合う学問は何だろうなど、迷っていると思いますが、「自分がどこまでやれるか試すチャンスだ」という気持ちに切り替えて、日々の勉強に励んでいってください。

先生の学問へのきっかけ

 少年時代からテニスばかりしていて、大学もテニスを続けるために進学した状態でした。入学後、スポーツ心理学の先生が優しそうな雰囲気だったので、その先生の講義を履修したところ、いつの間にか心理学に夢中になりました。さらに大学院に進み、臨床心理学を学ぶ機会に恵まれ、現在の専門分野になりました。もっと早くから心理学の知識があったら、中学時代、高校時代のテニスの試合も、もっと勝てていただろうと、今さらながら悔しく思います。

大学アイコン
前田 直樹 先生がいらっしゃる
九州保健福祉大学に関心を持ったら

 スポーツ・医療・心理・福祉・薬・動物の総合大学で『シカクの先になりたい自分』
 九州保健福祉大学は2020年4月に「臨床心理学部」を開設。社会福祉学部、薬学部、生命医科学部の4学部6学科。それぞれの学生一人ひとりが、様々な分野から人々の『「健康」その一歩先』を考える教育、人材育成を行っています。そして、高い就職率を維持しているのは、それぞれの目標に「シカク」があるから。全国的にも少ない「目指せるシカクの組み合わせ」で、これからの時代に必要な「シカク」と福祉の「ココロ」を学びます。

TOPへもどる