夢ナビWebセレクション

九州保健福祉大学の教員による講義

関心ワード
  • スポーツ、
  • 美容、
  • 東洋医学、
  • 鍼灸、
  • 心(こころ)、
  • 精神、
  • 健康、
  • 脳、
  • 身体

人間を総合的に観察しながら健康を追究する「東洋医学」

さまざまな分野で取り入れられる「東洋医学」

 あなたは、東洋医学の鍼灸(しんきゅう)治療を受けたことがありますか? 近年は、先端医療を研究する大学病院などでも、東洋医学を積極的に取り入れるようになりました。またアスレティックトレーナーとしてスポーツ分野や、健康美をめざす美容分野などにも応用されています。

目に見えないのに「心」はなぜ痛む?

 転んだり身体を強くぶつけたりした時に「痛い」と感じるのは、身体への刺激が神経を介して脳に伝わり、「痛み」を認識するからです。では、「心が痛む」という状態は、なぜ起きるのでしょう?
 つらいことがあった時、身体には何の刺激も加わっていないのに、多くの人は胸が締め付けられるような感覚を覚えます。精神的につらい状態が続くと、脳は身体を傷つけられた時と同じような反応を示すという実験報告もあります。「身体」という物質的なものと、「精神」という目には見えないものとの関わりを考えなければ、「痛み」のメカニズムを解明することはできないのです。

「気のせい」の「気」って、どこにある?

 「気のせい」という言葉があります。また、身体をぶつけたのに別のことに夢中になっていて、あまり痛みが「気にならなかった」などの経験があるでしょう。では、この「気」とは何で、どこにあるのでしょうか? 鍼灸治療も、身体に対する侵襲(しんしゅう:生体の内部環境の恒常性を乱す可能性がある刺激)のはずなのに、気持ち良いと感じ、身体の不調が改善します。これも、「気のせい」なのでしょうか。
 西洋医学では、痛みや身心のストレスは主に脳が認識するものと考えますが、東洋医学では五臓六腑それぞれに精神があり、それらが絡み合ってさまざまな身体現象を起こすと考えます。「健康」について考えるには、疾患部分を分析的に見る西洋医学の見地だけではなく、人の身体と精神との関わりを総合的に観察する、東洋医学の見地も必要なのです。

この学問が向いているかも 東洋医学、スポーツ科学、福祉学


社会福祉学部 スポーツ健康福祉学科 教授
渡邊 一平 先生

メッセージ

 適度な運動が健康に良いことは、あなたも知っていると思います。実は「鍼灸(しんきゅう)」も、身体の外から刺激を与えて身体の内部を正常な状態にする、運動と似た性質の治療法です。また心と身体とは相互に作用し合うものですから、良い刺激を身体に与えることで、心も元気にすることができます。本学では、正しい運動方法と鍼灸治療を併せて学ぶことができます。これらの学びは健康長寿の一環として応用できます。あなたが心身の健康に興味があるなら、鍼灸という治療手段を通して人々の健康にアプローチしてみてはどうでしょうか。

先生の学問へのきっかけ

 高校生の頃、自分が何をしたいのかさっぱりわからない状態でした。そんな中で祖父が、「東洋医学や鍼灸について学んでみてはどうだ」とアドバイスしてくれたのが、今の専門分野に進んだ直接のきっかけです。
 卒業後は臨床の現場で働こうと考えていましたが、ある日、ラットを使った実習があり、解剖に失敗してラットを交換しようとしたところ、教授が無言で再解剖を始めました。きっと、「命を粗末に扱うな」と言いたかったのでしょう。それを見た時に「研究者ってすごいな」と思ったことが、研究の道に進むきっかけになりました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

鍼灸院開業/鍼灸整骨院治療者/病院治療者/専門学校教員/大学研究者/福祉施設治療者/エステサロン治療者

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.