夢ナビWebセレクション

立正大学の教員による講義

関心ワード
  • 地図、
  • GIS(地理情報システム)、
  • スマートフォン、
  • カーナビ、
  • 自動運転、
  • 交通、
  • デジタル化、
  • 地理、
  • 人工衛星、
  • 情報、
  • デジタル、
  • 通信、
  • コンピュータ、
  • インフラ、
  • 観光

地図のデジタル化は、社会をどう変えたのか?

スマホで地図を利用する時代

 目的地に行くとき、スマートフォンなどで地図を確認する人は多いでしょう。そこには、半世紀の歴史を持つ地理情報科学という学問の成果が生かされています。地理情報科学とは、さまざまな地理的な情報を管理・活用するための研究で、1990年頃から急速に発達してきました。具体的には、「地図のデジタル化」が始まったのです。紙の地図ではできなかった、複数の情報を重ねて表示することが、デジタル化によって可能となり、道路の渋滞情報のように、通信と結びつくことで、リアルタイムの情報も反映できるようになりました。

車の自動運転にも地図情報を活用

 現在は、人工衛星による映像をはじめとする、膨大な地理情報が蓄積されています。そのデータを管理・活用するのが、GIS(地理情報システム)です。経度・緯度・標高の3つの情報さえあれば、すぐに地球上での位置が特定でき、その地点のデータを得ることができます。
 自動車のカーナビもそうですが、近年開発が進んでいる、自動運転(セルフ・ドライビング)技術にも、GISが生かされています。車線を外れることなく車が自動で走るシステムの運用には、正確な地図情報が必須なのです。

デジタル化でよみがえる事実も!

 デジタル地図には、古い地図を現在の技術でよみがえらせる力もあります。例えば、昔、沖縄の一部の島では、蚊によって媒介される感染症・マラリアが流行し、多くの人が亡くなりました。地形などの情報をデジタル化し、古い地図を現在のデジタル地図と重ね合わせることによって、20世紀前半の地理的環境をコンピュータ上で復元すると、水に溶けやすい石灰岩が多く、くぼ地ができてそこに水がたまり、蚊の発生しやすい環境であったことがわかりました。こうした結果は、ほかの地域での蚊の発生予防や対策に生かすことができます。
 デジタル地図は、ハザードマップ作りなどの防災や、交通、観光、教育などにも関わってきます。もはや社会のインフラと言える存在なのです。

この学問が向いているかも 地図学、地理学


地球環境科学部 地理学科 教授
鈴木 厚志 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 あなたは地図を見るのは好きですか? 子どもの頃と比べて、スマホなどで地図を見たり地域の情報を知ったりする機会が増えたと思います。地図のデジタル化は、25年くらい前から一気に進み、デジタル地図は、私たちの生活の必需品となりました。
 私の授業では、デジタル地図の仕組みや実際の利用方法を紹介し、デジタル地図の可能性を考えています。最近では、古地図と今の街並みを重ね合わせながら街歩きをするなど、地図に興味を持つ人が増えています。あなたも地図の面白さに触れてみませんか?

先生の学問へのきっかけ

 電車に乗ると、寝てしまう人と風景を眺めているタイプの人がいますが、地理好きには移動の過程を楽しむ人が多いそうです。
 地理が好きだった私は、高校時代の恩師にさらにその面白さを教えてもらったことで、大学では都市地理学や計量地理学という、統計学的な要素の多い学問の研究に携わりました。
 そして1990年代に、地図のデジタル化に関わるプロジェクトが始まると、当時コンピュータを扱える研究者が少なかったこともあり、デジタル地図の専門家へとなりました。今は、多くの人に地図に興味を持ってほしいと思っています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

官公庁都市計画/航空測量会社技術担当/地図製作会社オペレータ/中学高校教師

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.