夢ナビWebセレクション

立正大学の教員による講義

関心ワード
  • 生態系、
  • 自然、
  • 動物、
  • 植物、
  • オオカミ、
  • 狩猟、
  • 自然保護、
  • 絶滅、
  • シカ、
  • 生物学

シカの増えすぎが生態系に与える影響と解決策

増え続ける日本のシカ

 ここ30~40年ほど、日本の山では野生のシカが増え続けています。シカは20世紀初頭に天敵であるオオカミが絶滅した後、狩猟によって増加が抑えられてきましたが、狩猟人口が減ったために現在は増える一方で、農林業被害や自然生態系への影響が問題となっています。
 野生動物と人間生活の衝突の科学的解決に取り組み始めたのは100年ほど前のアメリカです。初めは駆除という方法が考えられましたが、自然保護の重要性が認識されるようになってからは、自然とうまく付き合いながら人間の産業を守っていこうという考え方に変化してきました。

深刻な生態系への悪影響

 シカが増えている問題に関する研究では、生物学的アプローチが有効です。例えば、シカの増加が生態系にどのような影響を与えているかを調べる研究が行われています。シカは植物を食べますが、この植物はほかの生物も利用しているので、シカと同じ草を食べるネズミが減ったり、その植物だけを食べる幼虫が育たないためにある種のチョウが減ったりという現象が見られます。逆にシカにとって毒性のある植物は減らないので、それを食べる虫が大量発生するなどの影響も確認されています。こうして生態系のバランスが変わってしまうのです。

生態系を守るための方法の模索

 シカが増えるようになった最大の原因はオオカミが絶滅したことです。狩猟の重要性が認識されつつあるとはいうものの、人間は入りやすい場所でしか狩りをしないので、数を減らすまでにはなっていません。考えられる1つの解決策は、例えば生態系の頂点の捕食者であるオオカミを導入することです。アメリカのイエローストーン国立公園では、実際にこの方法が取られました。日本ではオオカミに対する恐怖心や「人間が原因なのにオオカミに殺させるのは人間の身勝手だ」などの考え方が強く、実現しそうにありません。アメリカの法律では、人間が原因で絶滅した種は復活させるとされているのですが、日本に同様の法律はありません。こうした法律の整備も課題だと考えられています。

この学問が向いているかも 農学、生物学


地球環境科学部 環境システム学科 教授
須田 知樹 先生

先生の著書
先生がめざすSDGs
メッセージ

 高校生の間は、いろいろなことに興味を持って勉強してほしいと思います。
 私が専門にしているシカの研究でも、明治・大正時代、江戸時代の古文書を読むことがあります。すると、歴史の勉強が必要になります。また、経済学や法律も関係してきます。動物の研究だから理科や生物の勉強だけをしていればいいのではなく、幅広い知識や教養が将来の豊かな進路を切り開いていくのだと思います。たとえ理系でも、社会や国語などの文系の科目も一生懸命に勉強してください。

先生の学問へのきっかけ

 野生動物が増えることで生態系がどのように変化するかを研究しています。大学2年生の時に単位が足りず、留年してしまいました。足りないのは2単位だけだったので、時間はたっぷりありました。その時、ちょうど日本で国際捕鯨委員会の総会が開かれたので、捕鯨に関する情報に多く接するようになり、動物を資源として管理するという分野に興味を持つようになりました。そこで大学院に進み、野生動物の管理の研究に取り組みました。野生動物の管理は人間の都合と自然の保護をどう折り合いをつけるか、解決するのが大変難しいテーマです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

公務員農林系/造園施工/農林畜産事務/NPO 自然保護関係/博物館学芸員/動物園飼育員など

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.