夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.07519

生きる力をどうやって育んでいくの? 「発達心理学」で解き明かす

心理学は見えない部分をひもとく学問

 心理学は、人間の見えない部分を追究しひもとく学問で、子育てや保育、教育とも密接につながりながら、その成果が生かされています。「発達心理学」や「認知心理学」「教育心理学」では、人間のやる気や信頼関係がどう育まれていくのかということや、保護者や教師などとの関わり方のポイントなどを、発達段階に応じて研究する分野があります。

信頼関係の根っこは、乳幼児期にある

 0~2歳くらいの言葉を持たない時期の子どもは、考えていることが投げたり、口に入れたりという動作になって表れます。一見乱暴に見えるかもしれませんが、危ないことがない限りは見守ることが重要です。この時期に大人がしっかりと関わることで、子どもの中に「この人は何があっても味方なのだ」という信頼感や「自分には周囲を変える力がある」という自信が生まれます。これが、人との信頼関係の根っこや青年期のやる気の支えにつながっていきます。
 その後、言葉を使えるようになってきて、イメージを使った「ごっこ遊び」など、遊びの内容が劇的に変わる幼稚園や保育園の時期には、自分が好きなものを人に見せたいといった気持ちが先に立つ「自己中心性」が見え始めます。子どもは相手がそれを好きかどうかは考えません。それをわがままととらえずに、その子どもの気持ちを受け止めながら、「相手がどう思うか」ということを考えるようにもって行くのが教育支援です。

生きる力につながる「メタ認知」

 小学校低学年くらいになると、自分の思考や行動を把握し認識する「メタ認知」能力が芽生えてきます。例えば、授業で先生に「ちゃんとやっておきましょう」と言われた時に、読み返したり、アンダーラインを引いたり、人に聞いたりというように、どうしたらいいかを自分で考えられるのがメタ認知です。教師は、メタ認知ができる前の子どもには、何をしたらよいかを明確に指示し、メタ認知の獲得へと導く必要があります。そういう支援をすることが、子どもの生きる力にもつながってくるのです。

ほめることの大切さ~「ほめる」を科学する

夢ナビライブ2016 名古屋会場

アイコン

学問としての心理

アイコン

いつ何をほめるの?

アイコン

日本特有のほめ方

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 心理学、教育学

関西福祉大学
教育学部 児童教育学科 教授
大山 摩希子 先生

メッセージ

 「心理学」を一言で説明するのは難しいのですが、「見えない部分を追究する学問」であると言えます。行動は目に見えますが、その奥にある見えないものについて研究し、「なぜこのような行動をとったのだろうか」「なぜこのような表情を浮かべたのだろうか」ということを探ることで子育てや教育に役立てていく裾野の広い学問、それが心理学です。身近なところに心理学はあふれています。ぜひ一緒に本学で学びましょう。

先生の学問へのきっかけ

 幼稚園と小学校の教員免許が取れる教育学部に行こうと考えていた高校生の時、4歳の頃、シャボン玉液を飲んだら「飛べるのかな」と思って、一気飲みしたことを思い出しました。大学に進学し、またそのことを思い出した時に考えたのは「子どもの心は年齢ごとに文化があり、その文化を充実させることこそが成長なのだ」ということでした。そして、その文化を知りたいと思うようになりました。また同時に、年齢ごとに大事な課題があって、それを助けるのが大人の役割だということも感じ、子どものことを研究する仕事に就こうと決めたのです。

大学アイコン
大山 摩希子 先生がいらっしゃる
関西福祉大学に関心を持ったら

 関西福祉大学は、福祉・教育・保育・看護・スポーツに関わる高いレベルの学術研究と人材養成を通じて、全ての人々が、それぞれの発達段階を「こころ豊かに生きる」ことのできる社会の実現をめざしています、開学以来、少人数教育による、温かい人間的な交流や地域との連携を通して、専門的知識や技術だけでなく、優しさや思いやりといった豊かな人間性を重視し、人の想いにしっかり応えていくことのできるスペシャリストの育成に力を入れています。また、多様な学生を受け入れる、充実した入試制度を構築しています。

TOPへもどる