夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.07512

子どもをめぐる問題を解決するためには?

社会に求められる「スクールソーシャルワーカー」

 学校生活の第一歩である小学生、多感な中学生、進路に悩む高校生まで、子どもたちをめぐる問題は多様化しています。勉強、友だちとの関係、家庭の問題など、誰にも言えない悩みを抱えて学校生活に適応できなくなる生徒も少なくありません。時には、人間関係のもつれから刑事事件に発展してしまうこともあります。学校で生徒の悩みを聞き相談に乗る心理職の専門家としては「スクールカウンセラー(SC)」がいますが、先生や家族・地域とのつながりをもとに、問題の具体的な解決を目的とする「スクールソーシャルワーカー」を活用する必要性が増しています。

多様な社会体験学習で支援のプロセスを学ぶ

 子どもを取り巻く問題の具体的な解決のためには、課題の発見(アセスメント)、課題解決のための支援計画(プランニング)、実行(アクション)、評価(モニタリング)が重要です。
 親子関係や交友関係など子どもを取り巻く状況や、知的障がいのある場合の生活の様子などを、アセスメントの段階でしっかり理解する必要があります。アセスメントで得られた知見をもとに、例えば小学生とキャンプ生活をともにする「自然学校」で、子どもの自立を促す支援計画を立てます。「キャンプファイヤーをする上で、子どもが一人ひとり輝けることは何か」などを具体的に考え、その準備を行います。
 また、実行後の評価では「短くて具体的な指示をしなければ子どもはわかってくれない」など、現場で実践して初めてわかることを整理して課題解決に生かしていきます。

幅広い視野とコミュニケーション力が必須!

 現代の子どもは、以前と比べて地域の中での横のつながりが少なくなっている傾向があります。親や地域の大人・社会が子どもとどう関わるかを整備し、子どもの居場所を作る支援をする必要があるのです。そのために、スクールソーシャルワーカーには、家庭や学校、地域と重層的に関わる幅広い視野と知識、どんな人とも関われるコミュニケーション能力が求められていくことでしょう。

発達障がいのある子どもの心理治療の実際

夢ナビライブ2016 大阪会場

アイコン

発達障害の関係図

アイコン

心理療法とは

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 臨床心理学、児童福祉学

関西福祉大学
社会福祉学部 社会福祉学科 教授
八木 修司 先生

メッセージ

 関西福祉大学の社会福祉学部社会福祉学科では、臨床心理学とソーシャルワークがドッキングした「スクールソーシャルワーク」を学ぶことができます。
 スクールソーシャルワークは子どもたちの問題解決に向けて、学校や地域などいろいろな機関と連携をして、子どもたちを実践的にサポートする取り組みです。本学の学びでは、いろいろな施設や学校に訪問をして、実践的な社会実習を行います。社会と子どもたちの関係に関心のある人はぜひ一緒に学びましょう。

先生の学問へのきっかけ

 大学時代には、以前から興味のあった心理学やカウンセリングの勉強をしていましたが、当時はまだ「臨床心理士」という資格は存在しませんでした。大学での学びを終え、はじめにした仕事は病院での患者さんへのカウンセリングでした。それから、子どもの心のケアを行う児童福祉施設や交通事故や病気でのリハビリテーションを行う施設で心のサポートを続けてきました。そうやって心理や福祉の現場で培ってきたノウハウを、力の限り若い世代に伝えたいと思うようになり、大学で教えるという道に進んだのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

官公庁(公務員-福祉専門職)/スクールカウンセラー/児童指導員/児童福祉司

大学アイコン
八木 修司 先生がいらっしゃる
関西福祉大学に関心を持ったら

 関西福祉大学は、福祉・教育・保育・看護・スポーツに関わる高いレベルの学術研究と人材養成を通じて、全ての人々が、それぞれの発達段階を「こころ豊かに生きる」ことのできる社会の実現をめざしています、開学以来、少人数教育による、温かい人間的な交流や地域との連携を通して、専門的知識や技術だけでなく、優しさや思いやりといった豊かな人間性を重視し、人の想いにしっかり応えていくことのできるスペシャリストの育成に力を入れています。また、多様な学生を受け入れる、充実した入試制度を構築しています。

TOPへもどる