夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.07506

日常の不思議を科学する小学校理科教育―21世紀型学力養成―

「21世紀型の学力」を育てる

 クラスの中には勉強が得意な子やそうではない子など、さまざまな子がいます。これまで学校の授業は中間にいる子をターゲットにして、知識を注入するやり方でした。近年、こうした知識を教える授業ではなく、体験を通して、子どもが何をどのように考えるのかを教える「個に応じた教育」をしようという動きが進んでいます。つまり、自分主導の「21世紀型の学力」を育てることが求められているのです。

理科は最適な教科

 理科は「実験」「観察」といった体験を通して学ぶことができ、21世紀型の学力を伸ばすために最適な教科です。小学校高学年で行われる実験の授業は、4~5人のグループに分けて行います。これまでは先生がすべてを準備し、班の中の誰かが中心になって実験をしてしまって、ほかの子たちはただじっと見ているだけでした。個に応じた教育では、「実験をどういうふうに進めていくのか」「実験器具はどういったものが必要か」を、仮説をもとに自分たちで考えます。また、クラス全員が主体的に実験に参加できるように、「結果を記録する」などの役割分担も子どもたち自身で決めます。最後には各班で発表し、異なる実験方法や結果についてディスカッションを行います。低学年の場合は、「観察」を通して、「どのように人に伝えるのか」を考えさせます。

子どもたちが生き生きとする授業

 今までは実験結果を先生が黒板に書いて、それを子どもたちはノートに書き写すだけでした。ですが、この授業方法では、異なる実験について、それぞれが担ってきた役割から自分たちで実験結果について考えることができます。しかし、こうした授業はベテランの先生だからこそできるという意見もあります。この課題を解決するために、ベテランの先生の知見を踏まえた、授業設計と指導のあり方をサポートするためのツール「授業設計・評価マトリクス」が考案されました。子どものレベル別に想定された考察の内容をもとに、授業を作り上げることで、子どもが生き生きと意見を述べる授業が実現するのです。

科学のたねをまく学び~小学校理科教育で~

夢ナビライブ2016 大阪会場

アイコン

学級経営の大切さ

アイコン

子どもの気づきを大切にする

アイコン

アクティブラーニングとは?

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 教育学、学習科学、学校心理学

関西福祉大学
発達教育学部 児童教育学科 教授
金沢 緑 先生

メッセージ

 小学校の先生になりたい人に理科の授業に関する講義を行っています。「理科」と聞くと苦手だとか、嫌いだと感じる人も多いのではないでしょうか? でも理科は身の周りにたくさんあります。例えば電灯のスイッチを入れると電気がつきますが、これは小学校3年生のときに習った乾電池の中にある電気を電線で取り出したら豆電球が光るという考え方です。このように日常の科学が詰まっているのが小学校の理科教育です。理科の得意な先生になりたいなと思うあなたはぜひ関西福祉大学へ来てください。

先生の学問へのきっかけ

 春には温んだ水、カエルの卵の弾力のあるぬるぬる、中州に輝くネコヤナギの穂先、石の中にきらりと光る黄金の輝き、足元にはカタクリの群生、見上げれば頭よりも大きな泰山木の花、白樺の木陰のベンチに座ると、葉っぱの影がくっついたり離れたり、夏も冬も見飽きることなく公園で遊び、学ぶ楽しさを味わいました。それができたのは両親と教師のおかげでした。身の回りの不思議に気づく感性から調べたり試したりする科学が始まります。「物づくりも楽しいけれど、人づくりが教育の仕事だ」と実感したことが教育の道に進んだきっかけです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

小学校の先生/幼稚園の先生/保育士/大学院進学

大学アイコン
金沢 緑 先生がいらっしゃる
関西福祉大学に関心を持ったら

 関西福祉大学は、福祉・教育・保育・看護・スポーツに関わる高いレベルの学術研究と人材養成を通じて、全ての人々が、それぞれの発達段階を「こころ豊かに生きる」ことのできる社会の実現をめざしています、開学以来、少人数教育による、温かい人間的な交流や地域との連携を通して、専門的知識や技術だけでなく、優しさや思いやりといった豊かな人間性を重視し、人の想いにしっかり応えていくことのできるスペシャリストの育成に力を入れています。また、多様な学生を受け入れる、充実した入試制度を構築しています。

TOPへもどる