夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.07156

スポーツする人を支えたい! ~スポーツ指導者に求められるもの~

選手を悩ませるスポーツ傷害

 スポーツにさまざまなケガ(スポーツ傷害)はつきものです。
 スポーツ傷害の中でも、あるスポーツを長期間続けることで、体の特定の部位に疾患を抱える「スポーツ障がい」は、選手にとって大きな悩みの種です。例えば野球選手に特有なのが「野球肩」や「野球肘(ひじ)」、また陸上走者には「ランナー膝(ひざ)」や「肉離れ」が多く見られるなど、種目によってスポーツ障がいの内容は異なります。こうしたケガを100%防ぐことはできません。しかし正しいケアを行うことで、ケガを減らすことは可能です。

活躍の場は徐々に広がっている

 選手のケガを防ぐには、トレーニングに関する正しい知識を持った指導者の存在が欠かせません。例えば、学校の部活動には顧問の教諭がいますが、チームを強くすることに主眼をおいた指導となるため、どうしても選手の体のコンディションまで目が行き届かないのが現状です。
 そこで最近では、スポーツトレーナーなど外部指導員を招き、選手の体のケアをサポートする学校も増えてきています。また学校現場だけに限らず、小さな子どもからお年寄りまで、あらゆる年代のスポーツ愛好者に対して、体のケアを含めたサポートを行う専門家のニーズが高まっています。

過去の手法はすべて間違い?

 スポーツ指導者をめざす人の中には、過去にスポーツでのケガを経験し、悔し涙を流した人も多いのではないでしょうか。自分と同じようにケガで泣く選手を生まないためにも、体のメカニズムやスポーツ科学の正しい知識と指導法を身につけておくことが大切です。また、かつては主流だった根性論や精神論ですが、最近ではスポーツ障がいを引き起こす原因とも言われ、敬遠されています。
 しかし、最新トレーニングで使用される器具は、以前から行われていた手法を改良したものがほとんどです。最新のスポーツ科学だけではなく、過去の手法などもバランス良く取り入れて、選手・状況に適した指導法をコーディネートするといった柔軟な視点が必要なのです。

スポーツする人を支えたい!

夢ナビライブ2019 大阪会場

アイコン

生じやすい「足首の捻挫」

アイコン

足関節の怪我は「再発」が多い!

アイコン

足の怪我から復帰するステップ

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも スポーツ科学

太成学院大学
人間学部 健康スポーツ学科 准教授
池辺 晴美 先生

メッセージ

 スポーツでケガをしたことはありませんか? ケガのせいで、練習を休まなければならなかったこと、また何度も同じケガを繰り返したことはありませんか?
 私は大学時代に学生トレーナーを経験し、スポーツ活動中のケガに何度も遭遇しました。そこで学んだのは、競技に復帰するにはケガにできるだけ早く対応すること、またケガを未然に防ぐことが重要だということです。そのために何をするべきなのかを学び、その知識を誰かのために役立ててみませんか? あなたと一緒に学べることを楽しみにしています。

先生の学問へのきっかけ

 私は、体を動かすことが大好きで、中学校ではソフトボール部、高校では陸上部に所属していました。しかしケガが多く、そのたびに悔しい思いをしました。「自分はどうしてケガばかりするのだろう?」と疑問を抱いたことがきっかけとなり、大学でスポーツとケガの関係についての研究を始めました。
 スポーツクリニックでの運動指導など豊富な現場経験も生かし、現在は大学でスポーツ指導者の育成に尽力しています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

教員/フィットネスインストラクター/介護関係 など

大学アイコン
池辺 晴美 先生がいらっしゃる
太成学院大学に関心を持ったら

 太成学院大学では、「学んだ知識・技術を実践に活用するために必要な力」=『社会人基礎力』と定義づけ、さらに、大学として重要と考える「倫理観」を加え、「学び」を通して学生の資質を高める教育に取り組んでいます。
 また、「学び」に具体的な目的を設けたアクティブ・ラーニングを教員が誘い出す仕掛けづくりをした教育方法を、すべての科目で取り入れています。ここには、学生一人ひとりの個性を伸ばし、将来の可能性を広げる“学び”があります。太成学院大学で、あなたらしく輝ける未来への道を見つけてください。

TOPへもどる