夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.07147

iPS細胞が切り札となる、心臓の再生医療の未来とは?

傷んだ心臓を再生する新しい研究

 人間にとって最も重要な器官の一つである心臓には、医療が発達した現在においても、治すことが困難な病気があります。例えば、重症心不全を患った場合は心臓移植が必要になります。ただ、移植には心臓の提供者(ドナー)の問題など、難しい側面がたくさんあります。そこで研究が進められているのが、心臓の再生医療です。心筋細胞を人工的に培養し、傷んだ心臓に移植して再生することをめざした取り組みが、世界各国で行われています。

iPS細胞を使って心筋細胞を作り出す

 心臓の再生医療は、骨髄細胞の中にある幹細胞が心筋細胞に分化できると判明したことが最初の引き金となり、その後はES細胞(胚性幹細胞)などを用いた心筋の再生研究が進められてきました。現在では、2006年に開発されたiPS細胞(人工多能性幹細胞)が、心臓の再生医療の切り札として注目されています。iPS細胞には患者さん自身の細胞を基に作成できるというメリットがあり、今では1滴の血液さえあれば、以前よりも低コストで、かつ効率的にiPS細胞を作ることも可能になりました。そのiPS細胞が、どういう因子によって心筋細胞に分化していくのかというメカニズムも、明らかになってきています。

まったく新しい道を切り開いていく研究

 iPS細胞を心臓の再生医療に利用するためには、さまざまな課題をクリアする必要があります。例えば、iPS細胞から心筋細胞を作成しても、一部の細胞は分化しきれないでiPS細胞のまま残り、その状態で移植すると、残ったiPS細胞は奇形腫を作ってしまいます。この問題に対し、細胞ごとのエネルギーの使い方の違いを利用して、分化しきれなかったiPS細胞のみを死滅させる手法が開発されました。そのほか、実際の移植にまつわる課題なども、一つひとつ解決に向かっています。まったく新しい道を切り開いていく心臓の再生医療の研究は、病に苦しむ大勢の患者さんたちにとって、希望の光となっているのです。


この学問が向いているかも 再生医学

慶應義塾大学
医学部 内科学教室 循環器内科 教授
福田 恵一 先生

メッセージ

 高校生の時はまだ、自分自身の将来についてははっきりわからないものです。ですから、受験科目以外の分野についても裾野を広げて勉強して、人間としての幅を広げていくことを心がけてください。数学、物理、化学などの学問は、物事を論理的に考えてゴールをめざすためには重要なものです。そうして幅のある勉強をしていれば、将来きっと役に立つと思います。その上であなたが医学の分野に興味を持ったなら、ぜひ私たちと一緒に研究しましょう。いつでもウェルカムです。

先生の学問へのきっかけ

 私は高校生の頃、科学者になりたいと思っていました。しかし、高校から大学に進学する時期にかけて、母や父が相次いでがんを患った経験から、科学の研究を医療に応用したいと考えるようになり、医学という道を選びました。現在、私は心臓の再生医療の研究をしていますが、この研究では、心臓が送り出す血液や酸素の量などを数学的にとらえて判断し、論理的に問題点を追究することが可能です。科学と医学を融合させた、自分にしかできない新しい治療法の確立をめざして、この研究に取り組んでいきたいと思っています。

大学アイコン
福田 恵一 先生がいらっしゃる
慶應義塾大学に関心を持ったら

 慶應義塾大学は、「気品の泉源、智徳の模範」「全社会の先導者たらんことを欲するものなり」という創設者福澤諭吉の志を使命としています。独立自尊の人格を育成し、社会のリーダーとなれる人材を養成することで、文化の発展に貢献することを目的としています。
 そのため、受験生の学歴背景を尊重し、能力・適性等を多面的に評価できるよう、日本で初めて導入したAO入試はじめ、さまざまな入試制度を構築しています。本学に興味をお持ち方は、ぜひ入学センターHPを訪れてみてください。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる