夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.07115

小児看護学~子どもと家族を支える看護~

子どもの健康と看護

 小児看護の対象者は乳児期から思春期までと年齢の幅が広く、そして、子どもを養育する家族も対象になります。子どもが健康に生きるためには成長・発達を健やかに育むことが重要です。子どもの成長・発達を支援する看護は、ヘルスプロモーション(健康増進)と関連し重要な看護の役割です。また、子どもを養育する家族の健康的な営みが子どもの健康を支え、思春期は乳幼児期の結果と言われるほど、小児看護での乳幼児期の子どもの理解は成人後の心身の健康に大きく影響するため、子どもと家族を支えることも小児看護の役割です。

子どもの病いと看護

 子どもが生まれたときから障がいや病気を抱えていたり、成長の過程で小児特有の疾患や感染症などで健康を害する子どもも多く、そのような病いを持つ子どもへ、人間の構造(解剖生理学)と成長・発達の知識を十分に持ち、疾病機序を基盤知識にして小児特有の看護を提供します。また、けがや誤飲、転倒転落、交通事故に遭遇する子ども、貧困や虐待に苦しむ子どもなど、子どもの健康はさまざまな要因で脅かされる危険性があるのです。そのような子どもと家族への看護も創造していきます。

子どもの「生きる」を支える看護

 誕生から始まり成人することのできる子どもの命の奇跡を考えつつ、病いや障がいを持ちながら生きていく子どもへ、その日を楽しく豊かに生きていく子どもを支えるために看護は、痛みや苦しみのあるとき、状態が急変するときも、病状が悪化するときも、専門的知識と技術を提供し、長く続く痛みの不安や、病気への不安を取り除いていきます。そのために子ども特有の看護技術を身につけることは大切な学習です。在宅で医療的ケアを生涯受け続ける子どもへも生活を整える看護に知恵を絞り、終末期の子どもへの看取り、亡くなった子どもへの看護、家族へのグループケア、と幅広く役割を担っています。

小児看護学 ~子どもと家族を支える看護~

夢ナビライブ2015 大阪会場

アイコン

発達段階を理解する

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 小児看護学

甲南女子大学
看護リハビリテーション学部 看護学科 教授
友田 尋子 先生

先生の著書
メッセージ

 看護の世界に興味がある人は、人に関心を持ち、「人が好き」という気持ちを大切に育んでほしいと思います。看護職は人に関わる仕事ですから、心の動きや痛みがわからないと務まりません。しかし人に関心を持つことは、そう簡単ではないと思います。なぜなら、自分の心が満たされていないと、他人に関心を持つことは難しいからです。ですから、高校時代は何かに真剣に打ち込み、感動し、たくさん学び、遊んで、充実した時間で自分自身を豊かにしてください。そうすれば、大学で看護の奥深さを存分に学ぶことができるはずです。

先生の学問へのきっかけ

 小児看護学をめざす決意をしたのは、白血病になった子どもとの出会いです。子どもは病いと闘う仲間と励まし支え合いながら、歩くことや本を読めるといった「当たり前の日常」ができるようになることを目標に、激しい苦痛をともなう検査や治療に立ち向かっていました。時に弱音を吐きながらも大切な1日を積み重ねて生きていました。病室は子どもにとって成長・発達する大切な場所であり、その世界を楽しく過ごせるよう支えるための看護の大切さを私に教えて逝った子どもへの恩返しを生涯やり抜こうと決めたのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

看護師/保健師/助産師/養護教諭

大学アイコン
友田 尋子 先生がいらっしゃる
甲南女子大学に関心を持ったら

 学園創立から間もなく100年。甲南女子大学は、長い歴史と伝統を受け継ぎながら、国際都市・神戸で女性の自立と活躍を支えます。
 
 【看護リハビリテーション学部 看護学科】
 医療・保健・教育・福祉の現場でヒューマンケアを実践できる看護職を育成。看護師・保健師・助産師・養護教諭、4つの資格・免許取得がめざせます。専門職英語・海外研修など国際化に対応した教育内容や、多職種と連携するチームケア科目も充実。学生一人ひとりに寄り添うきめ細かい実習指導のほか、国家試験合格・就職に向けた手厚いサポートも魅力です。

TOPへもどる