夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.07009

観光でまちを元気に! ~地域の活性化につながるビジネスを探る~

人気の高まる観光滞在地「新今宮」

 観光を切り札として、まちを活性化しようという取り組みが全国各地で行われています。大阪市のJR新今宮駅周辺を例に見ていきましょう。
 このまちには多くの観光客がやってきます。その理由は、交通の便がよく、手頃な値段の宿泊施設が多いからです。ここに滞在する観光客はパッケージツアーではなく個人で旅行する人ばかり、欧米やアジアからの若者を中心とするバックパッカーと呼ばれる人たちが目立ちます。日本を自由に楽しむ「旅の達人」たちです。

学生ボランティアがおもてなし

 そうした外国人観光客を対象に、2009年から、大学生たちがボランティアで「新今宮観光インフォメーションセンター(新今宮TIC)」という案内所を開いています。関西や大阪だけでなく、地域に密着した観光情報も提供し、旅の相談にものっています。活動を始めた当初は、観光客をもてなすことが一番の目的でしたが、今は次の段階へ進んでいます。新今宮で大学生たちが活動を積み重ねていくうちに、新今宮TICを核とした地域のネットワークが広がり、地域の人たちやお店とうまく連携できるようになりました。最近では、そうしたネットワークを生かして、観光客をまちへつなげられるようなイベントを企画し実施しています。

人々がやって来ることでまちは確実に変わる

 地元アーティストらの協力を得て、新今宮の高架に大きな壁画アートを描くイベントも実施しました。他所からわざわざ人々がこのまちへ来てくれたら、地元の人たちも、自分たちのまちの魅力を再認識し、誇りを持つことができるようになります。こうした試みは継続していかなくては、意味がありません。「何か面白いことをやっている場所」という情報を、広く発信し続けていくことが大切なのです。
 現在は大学生や地元の人たちがボランティアで活動していますが、活動を継続していくためには、ビジネスとして展開していく必要もあります。今後はまちの魅力を生かして、まちを元気にするような新しいビジネスの誕生が期待されています。

参考資料
1:JapanTimes2010年12月1日記事
2:産経新聞2011年4月11日夕刊記事

この学問が向いているかも 国際観光学

阪南大学
国際観光学部 国際観光学科 教授
松村 嘉久 先生

メッセージ

 私は、大阪市の西成区や新今宮の活性化に取り組んできました。新今宮には外国人観光客がたくさん訪れるようになりました。私たちの最初の目的は、外国人観光客の誘致で、それは達成できたと思います。次の目標は、外国人や日本人の観光客をまちにつなげ、まちを元気にすることです。2015年には、地元のミュージシャンのSHINGO☆西成さんの協力を得て、地元の子どもたちと新今宮の壁に大きな絵を描きました。たくさんの人がこの壁画を見に来れば、まちは活気づきます。私と一緒にこのようなまちづくりに取り組んでみませんか。

先生の学問へのきっかけ

 学生時代、バックパッカーとして世界の国々を旅して巡りました。名所を見るだけではなく、旅先で出会う人と人とのつながりやふれあいに楽しみを感じていました。一時は退学も考えましたが、恩師の「君はええフィールドワークするなぁ。大学院に来たらどうや。しっかりと研究できるようになったら、研究費で海外に行って好きなことできるで。」という誘い文句で、大学院に進み、人文地理学を学び、日本や海外でフィールドワーク経験を重ねました。恩師や先輩・後輩に恵まれて一生懸命遊び、それがいつしか研究の道へとつながりました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

旅行代理店/キャビンアテンダント/ガイド/空港グランドスタッフ/ツアーコーディネーター/ツアープランナー/地方自治体 観光関連部門/日本語教師/英会話教師/ライター ほか

大学アイコン
松村 嘉久 先生がいらっしゃる
阪南大学に関心を持ったら

 阪南大学の特徴。それは、ビジネス、観光、国際交流、ファッション、スポーツetc・・・。あらゆる分野において、現場で学ぶ機会が多いことです。大学の外に出て、ココロとカラダを動かしながら学ぶ。業界で活躍するプロを講師として大学に迎え、刺激を受けながら学ぶ。社会に出て、社会と関わりながら、さまざまなチャレンジを繰り返すから、社会に出ることが楽しみになってくる。「就職に強いキャリア教育を実践する大学」です。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる