夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

TOPへ戻る

講義No.06996

時代ごとに変わりゆく「ユートピア」

タイムマシンで未来の世界に行ってみたら

 もしタイムマシンがあったとしたら、あなたは未来に行きたいですか、過去に行きたいですか? 今でこそ、タイムマシンがどんなものか多くの人に知られていますが、初めて登場したのは、1895年にイギリスのH.G.ウェルズが書いた『タイムマシン』というSF小説でした。未来には理想の世界が待っているのか、行ってみたらどうだったのかを書いた作品です。ヨーロッパには、紀元前の哲学者プラトンの時代から理想的な都市や、望ましい政治や統治の形態とはどんなものかを考える「ユートピア文学」と呼ばれる作品が数多くありました。それらを読み比べると、各時代の社会が反映されていて、人々がどんな理想を描いていたのかがよくわかります。

ユートピア文学の代表的作品

 プラトンは、「理想的な王を育て上げる仕組み」について語りました。また、ユートピア文学の代表的な作品としては、16世紀の大航海時代にイギリスの思想家トマス・モアが描いた『ユートピア』、イタリアでカトリック修道士として教会改革運動を行っていたカンパネッラが獄中で理想社会を描いた『太陽の都』、フランスの作家シラノ・ド・ベルジュラックが月に行く方法を書いた『月と太陽諸国の滑稽譚(こっけいたん)』、イギリスの哲学者フランシス・ベーコンが書いた『ニューアトランティス』などが、よく知られています。

ボードレールの詩とマティスの「楽園」との関係性

 一方で、絵画の世界でも、さまざまなユートピアが描かれてきました。20世紀の画家マティスの作品には楽園をテーマにした作品が数多くあります。その中に『生きる喜び』とか『奢侈・静けさ・悦楽』という不思議なタイトルの絵があるのですが、これは19世紀のフランスの詩人ボードレールの詩からインスピレーションを受けて描かれたものです。このように、詩が絵画に影響するなど、文学、美術、さらに音楽は互いに大きく影響している部分があり、これらの関係性や境界領域について考えるのも興味深いものです。


理想の都市を文学で作るには?

この学問が向いているかも 国際文化学、文学、表象文化論、比較文学

岩手大学
人文社会科学部 人間文化課程 教授
山本 昭彦 先生

先生の著書
メッセージ

 私はフランス文学や美術史、また宮沢賢治の研究をしています。あなたはこれから大学を選択すると思いますが、大学は授業や先生だけでなく、学ぶ場所や一緒に学ぶ仲間も大切です。私はフランスに留学していましたが、実際にフランスに行ってみて知ったことがたくさんあります。大学を選ぶ際、キャンパスも含めて選ぶといいと思います。岩手大学には、宮沢賢治が学んだ盛岡高等農林学校の古い校舎もまだ残されています。4つの学部それぞれに各国からの留学生も来ています。ぜひ、キャンパスに足を運んでから大学を選んでください。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃は、電気製品をいじったり、オーディオアンプなどを作ったりするのが好きな理系少年で、小説などの文学作品はあまり読みませんでした。もともと音楽が好きでしたが、高校生の時、音楽と詩の関連性についての本を読み、「文学の中には今まで知らなかったのびのびとした世界が潜んでいること」に気づき、周囲の反対を押し切って文学への道を進むことにしました。外国に興味があり、英語圏以外の世界を知りたかったので、在学中にフランスに留学しました。こういった経験から現在の研究につながっています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

博物館解説員/美術館学芸員/官公庁沿岸復興/地方裁判所書記/ソフトウェア会社システムエンジニア/流通会社システム設計/書店販売統括/旅行代理店プランニング/大学職員

大学アイコン
山本 昭彦 先生がいらっしゃる
岩手大学に関心を持ったら

 岩手大学は、人文社会科学部、教育学部、理工学部、農学部の4学部からなり、文理バランスの取れた総合大学です。
 宮澤賢治も学んだ歴史と伝統、そして市街地ながら緑あふれるキャンパスは利便性も高く、落ち着いた学びの環境を形成しています。
 また、全学部がワンキャンパスにあるため他学部の学生との交流も盛んで、学生の研究や就職などにも大きな効果をもたらしています。
 大学HPでは、学部紹介やニュース、大学紹介Blog「岩大エキス」等で大学の魅力をお伝えしています。興味を持った方は是非ご覧になってみてください。

TOPへもどる