夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

検索結果一覧へ戻る

講義No.06935

文系と理系の融合で解き明かす「言語学」の興味深い世界

ロジックが求められる、言語の体系化

 言語の研究では、順序立ててその言語の特質を見ていく、論理的な検証が欠かせません。そこには必ず理論を想定し、理論を体系づけることには実証的な態度を必要とします。言葉を探究する研究は一般的に思われているような、文系の独壇場ではありません。確かにテーマとしては文系ですが、分析にはデータベースや各種のソフトウエア、ICT(情報通信技術)を使いこなすことも求められるので、理系的な発想や分析方法も必要とされます。

「コーパス」の活用で広がる研究

 1つの言語を体系づけるためには実際に話されたり書かれたりした大量の言葉を観察することが有用です。そこで、さまざまな「コーパス」というデータベースが世界的に活用されています。これは簡単に言うと、生の言語資料、特にコンピュータで扱える膨大な用例集の言語資料を集めたものを指します。例えば、「こういう言い方はありますか」と誰かに問うと、答えの個人差が大きくなります。そこでアプローチを変えて、コーパスに収録された用例を検索していくことで、一定の傾向や、こんな言い方ができるということが見えてくるのです。1960年頃に始まり90年代の終わりから英語関係のコーパスはICTを先取りしてどんどんと整備されてきました。近年は日本語のコーパス研究も盛んになってきています。

言葉は変化を続ける「生もの」だから面白い

 コーパスを活用していく能力が開発されれば、例えば1つの名詞から世界中の事例を数十年、あるいは数百年にわたり探索するといった研究もできます。そこには予期しない発見があるでしょうし、他国も含めた歴史や文化、産業などの関わりも見えてくる可能性があります。ある語がある年代を境に途絶えてしまったのはなぜかなど、分析を深める面白さが調査を進めるにつれてどんどん出てきます。
 言葉は変化を続ける「生もの」です。それを学問として追いかけるのは、総合的に見れば非常にニッチな(すき間の)分野ですが、文と理の面白さを味わえる興味深い学問であると言えます。


この学問が向いているかも 英語学、英語教育学

高知県立大学
文化学部 文化学科 教授
五百藏 高浩 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 私の専門は英語そのものを研究する英語学、そして中学・高校の英語教員をめざす英語教育などです。
 日本の英語教育は流れが大きく変わりつつあり、これまでの英語を「学ぶ・教える」学習から、「英語を通してコンテンツを学び、英語力を高める」という方向へシフトしてきました。高知県立大学では考えるためのツールとしてICT(情報通信技術)の活用にも力を入れています。学生たちは言葉の面白さを深く追究し、実感しています。あなたも一緒に学んで、社会で広く役に立つ能力を身につけませんか?

先生の学問へのきっかけ

 大学2年生の頃、講義の資料に専門の研究者が読むような論文を持ってくる先生がいました。内容も書いてある英語も専門用語ばかりで、最初はちんぷんかんぷん、さっぱりでした。それでもちょっとわかってくると面白くなり、もっとわかってくるともっと面白くなりました。専門家でなければ入手できない海外の文献など、最新の研究の動向を教えてもらったことを今でも覚えています。また、大学院でも、自分の中の別の力を引き出してくれる先生との出会いがありました。折々の巡り会いが持つ力に導かれてきたのではないかと思うこの頃です。

大学アイコン
五百藏 高浩 先生がいらっしゃる
高知県立大学に関心を持ったら

 高知県立大学は、永国寺キャンパスにある文化学部と、池キャンパスにある看護学部、社会福祉学部、健康栄養学部の4学部から構成されています。永国寺キャンパスにある文化学部は平成27年4月に定員を増員するとともに、従来の文学、言語の領域に加えて、地域、観光、法に関連する領域を充実しますので、幅広く学べるようになります。また、現在、新校舎を建築するなど、永国寺キャンパスの整備を行っています。文化学部の学生は平成27年4月から新校舎で学ぶことになります。

TOPへもどる