夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.06934

英語を通して「何か」を学ぶことで、世界が広がる

日本の英語教育に大きな変化が

 外国では英語の授業を英語で教えるのが一般的ですが、日本では日本語で教えるのが長い間、普通の光景となっています。1970年代から世界的に提唱されていたコミュニケーション主体の英語教育も、かけ声の割には根付いてきませんでした。
 近年、そうした流れが大きく変わってきつつあります。主体的な学びを指向する「アクティブ・ラーニング」が授業に取り入れられるようになりました。また今後、中学・高校で「英語で」授業ができる教員の養成をどう進めていくかが、大学の英語教育や英語教員養成でも大きな課題となっています。

言語の習得には一生かかる

 実は、母語以外の言語を学び、習得することは、一生かけて培っていく能力といえます。子どもの頃に外国語を学び始めても、途中でやめれば使えなくなります。母語でも、社会人になってから読み書きの機会を減らせば、言葉を使う能力が落ちるのと同じです。
 自分の考えを言葉に乗せるには、思える力や判断し意思決定していく力が不可欠です。言葉を使う能力の獲得とは、長い時間をかけた中身の濃いインプットを咀嚼(そしゃく)して自分のものとし、アウトプットを創り出していく、終わりのないマラソンのようなものです。

英語を通してコンテンツを学ぶ

 大事なのは、英語そのものを学ぶことから、「英語を通して興味ある分野を学ぶ」ことへの切り替えです。英語で書かれた内容を理解するために自分の英語力をフル稼働させることが必要になります。それが使える英語なのです。英語を道具として、例えば「英語で論じられた日本」といったコンテンツを学ぶことで、世界が広がります。
 また、外国語で何かを理解し学ぶことは、母語の高度な言語運用能力を身につけるという観点からも注目されています。英語で書かれた本を読んで、どのように論理が組み立てられているかがわかれば、それを応用して内容理解を深めたり、自分の考えを伝えたりする時の順序も見えてきます。英語を学ぶことは、どこででも使える汎用的な能力獲得への第一歩でもあるのです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 英語学、英語教育学

高知県立大学
文化学部 文化学科 教授
五百藏 高浩 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 私の専門は英語そのものを研究する英語学、そして中学・高校の英語教員をめざす英語教育などです。
 日本の英語教育は流れが大きく変わりつつあり、これまでの英語を「学ぶ・教える」学習から、「英語を通してコンテンツを学び、英語力を高める」という方向へシフトしてきました。高知県立大学では考えるためのツールとしてICT(情報通信技術)の活用にも力を入れています。学生たちは言葉の面白さを深く追究し、実感しています。あなたも一緒に学んで、社会で広く役に立つ能力を身につけませんか?

先生の学問へのきっかけ

 大学2年生の頃、講義の資料に専門の研究者が読むような論文を持ってくる先生がいました。内容も書いてある英語も専門用語ばかりで、最初はちんぷんかんぷん、さっぱりでした。それでもちょっとわかってくると面白くなり、もっとわかってくるともっと面白くなりました。専門家でなければ入手できない海外の文献など、最新の研究の動向を教えてもらったことを今でも覚えています。また、大学院でも、自分の中の別の力を引き出してくれる先生との出会いがありました。折々の巡り会いが持つ力に導かれてきたのではないかと思うこの頃です。

大学アイコン
五百藏 高浩 先生がいらっしゃる
高知県立大学に関心を持ったら

 高知県立大学は、永国寺キャンパスにある文化学部と、池キャンパスにある看護学部、社会福祉学部、健康栄養学部の4学部から構成されています。永国寺キャンパスにある文化学部は平成27年4月に定員を増員するとともに、従来の文学、言語の領域に加えて、地域、観光、法に関連する領域を充実しますので、幅広く学べるようになります。また、現在、新校舎を建築するなど、永国寺キャンパスの整備を行っています。文化学部の学生は平成27年4月から新校舎で学ぶことになります。

TOPへもどる