夢ナビWebセレクション

山口大学の教員による講義

関心ワード
  • ランニング、
  • 雑誌、
  • マラソン、
  • マスメディア、
  • テレビ、
  • メディア、
  • ブーム、
  • スポーツ、
  • 楽しさ、
  • 走る、
  • 競技用シューズ・スパイク

ランニング・ブームを巻き起こしたマスメディアの力

人はなぜ走るのか

 いま日本は、空前のランニング・ブームを迎えています。古代、人間が走るのは、食料となる動物を追うか、自分が危険から逃れるためでした。それが次第に、メッセージを伝えるために、走ることを仕事にする人たちが現れました。ランニングが大衆的なスポーツになったのは、19世紀の終わりのことです。産業革命で肉体労働が減ったため、運動不足を解消しようと人々は走るようになりました。

きっかけは「東京マラソン」

 日本のランニング・ブームは、第1次が高度成長期の頃で、スター選手の競技を観戦する「見るスポーツ」の側面が強いものでした。現在のブームは第2次で、成人の1000万人以上が走ることを楽しんでいると言われます。
 爆発的に市民ランナーが増えたきっかけは、2007年に初めて開催された「東京マラソン」です。その成功を受け、各地で市民マラソンの大会が開かれるようになりました。名所や世界遺産をまわる観光の要素を加えたコースや、高速道路や飛行場の滑走路など、普段は走ることができない場所をコースにした大会が人気を呼んでいます。

メディアが伝える「走る楽しさ」

 ランニングは、手軽に楽しめて健康に良いスポーツとして親しまれています。このイメージを定着させ、ブームに導いた一因は、雑誌やテレビなどのマスメディアです。ランニングコースをはじめ、有名人や市民マラソンの個性的な参加者を紹介したり、シューズやウエア、帽子、時計など、「ギア」と呼ばれる装備をさまざまな手法で広告したりしました。これが初心者にとって、「走る楽しさ」を伝える格好のマニュアルになったのです。
 日本のランニング・ブームは、ファッションにこだわる人が多いことも特徴です。思い思いのギアを身にまとい、いつもと違う自分を演出することで楽しさが増すのでしょう。日本は昔から、茶道や剣道などのように、精神性や作法を含めて究めることが重視されてきました。その意味で日本には、「ランニング道」があると言えそうです。

この学問が向いているかも メディア学、マスコミ学


国際総合科学部 国際総合科学科 教授
マルク レール 先生

先生の他の講義を見る
先生がめざすSDGs
メッセージ

 「自分は何が好きか」をしっかりと考えてください。そして、大学に入ったら、あなたが知りたいこと、調べたいことをとことん追究しましょう。大学は、あなたが好きなことが、すべて勉強の対象になりうる場所です。ですから、好きなことを思う存分、「磨き」「究め」「広げて」ほしいと思います。
 好きなことを続けていれば、必ず上達するものです。それに、たとえ苦労があったとしても、好きなことを選んだのなら楽しみの方が勝るはずです。そうして身につけた力は、社会に出てからもきっと役に立つと思います。

先生の学問へのきっかけ

 16歳の時、ドイツの地元の新聞社でアルバイトを始め、地方のイベントの取材や記事の作成、紙面の編集に携わりました。海外特派員になりたいと思い、大学では日本研究、政治学、マスコミ学を学びました。
 数年前にジョギングを始めたことがきっかけで、ランニング・ブームとメディアの関係に着目しました。日本のメディアがマラソン・ブームを取り上げ始め、ミクロ的立場である「自分」と、マクロ的立場である「社会的現象としてのランニング」から、「ランニング」「メディア」「社会」の三者の関係に強い関心を持つようになりました。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.