夢ナビWebセレクション

神戸大学 経済学部の教員による講義

関心ワード
  • ミクロ経済学、
  • 改造、
  • 数式、
  • 企業、
  • 消費、
  • 価格、
  • 社会、
  • 品質、
  • 利益、
  • 商品、
  • 消費者、
  • 売り上げ、
  • ライバル、
  • 価格競争、
  • 経済学

数式を使って社会の仕組みを解き明かす「ミクロ経済学」

企業がつける価格について考える

 ミクロ経済学では、数式を使って社会の仕組みを明らかにします。
 企業が商品に付ける価格で考えてみましょう。まずはほかに企業がいない場合で、価格は最大で10とし、そこから1安くなると客が1増えるとします。これを数式で表すと「10-価格(P)=客の数(売上数)」となります。商品を1つ作るコストは3とします。この状況で、企業にとって一番よい価格はいくらでしょうか。企業の利潤を式で表すと「売上数(10-P)×1個あたりの利益(P-3)」となります。これをグラフで表すと、価格(P)が3でも10でもゼロなので、P=6.5を頂点にした山形のグラフになります。ということは、6.5が企業にとって最適な価格であり、価格は6.5になるだろうと経済学は考えます。

他企業の登場で大きな変化

 ここにライバル企業が登場するとどうなるでしょうか。品質は全く同じとすると、消費者は安い方を買うでしょう。すると、もしライバルの価格が6.5なら、同じ価格を付ければ客を2分するので利潤は(10-6.5)×(6.5-3)÷2=6.125となりますが、価格を6にすれば利潤は(10-6)×(6-3)=12となり、ほぼ2倍になります。しかし、こちらが6にすると、ライバルは6より安い価格を付けてくるでしょう。価格競争の結果、最終的に落ち着く先は、どちらの企業も最適な価格を付けている状態であり、それはどちらの価格もほぼ3(=原価)になっている状態しかありません。消費者は安く買えて嬉しいですが、企業の利潤はほとんどなくなります。ライバルが1社出現するだけで結果は大きく変わってしまいます。

数式は改造できる

 経済学というのは、社会の状況(上の例ではライバルの有無など)と社会での行動(上の例では商品に付ける価格)の関係性を明らかにする学問と言えます。数式を使うことで議論のポイントも欠点も明らかになります。上の例でも現実との食い違いをいろいろ感じたことと思いますが、数式を修正することで現実に近づくことができます。

この学問が向いているかも 経済学、ミクロ経済学、ゲーム理論


経済学部 経済学科 教授
宮川 栄一 先生

メッセージ

 経済学のよいところは、「社会がどうしてこうなっているのか」という理屈や理論がわかることです。その理屈がわかれば、時代や環境が変わっても対応できる永続的な専門知識になって、社会に出てからも対応できる武器になります。また、経済学では数式をよく使いますが、数式には自分なりにいろいろと改造できるというよさもあります。経済学を勉強する前に、これまでの人生経験を生かして、「なぜ」と思ったことに対して自分なりの理論や仮説を考えてみてください。できれば数式を使って。

先生の学問へのきっかけ

 大学では経済学部に所属していて、4年生のときは大学院への進学ではなく、就職の準備を始めていました。最初は不動産鑑定士の資格を取って、それに関連した仕事に就こうと考えていたところ、ある経済学の本に出会いました。そこには「日本では鑑定士が土地を鑑定して価格をつけるが、実際の土地の取引価格は需要と供給で決まる」と書いてありました。自分がなろうとしている鑑定士ではなく、世の中や市場が最終的な価格を決めていることにおもしろさを感じ、大学院へ進み、経済学の研究者としての道へ進むことになりました。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.