夢ナビWebセレクション

山口大学の教員による講義

関心ワード
  • 女王アリ、
  • 昆虫、
  • 木材、
  • シロアリ、
  • 種、
  • 分類、
  • フェロモン、
  • DNA(デオキシリボ核酸)、
  • 観察、
  • 認識、
  • 社会性、
  • 幼虫、
  • 害虫、
  • 形態、
  • ゴキブリ

世界に約3000種いるシロアリ、その分類法

シロアリはアリではない!

 シロアリと聞くと「白い蟻」と思われがちです。しかし、アリはミツバチやスズメバチなどと同じハチの仲間ですが、シロアリは実はゴキブリの仲間です。ただ、シロアリはその生態が、女王アリを中心としたたくさんの働きアリが1つの巣で助け合って生活をする社会性昆虫であるアリに似ていることと、木材や土壌中など日の当たらないところで生活するために白っぽいものが多いために、「白い蟻=シロアリ」と呼ばれています。同じ社会性昆虫でも、アリの場合、働きアリはすべて成虫ですが、シロアリの働きアリはすべて幼虫です。

形態での分類が難しいシロアリ

 家屋害虫であるシロアリの分類は、とても重要です。シロアリは、世界で約3000種が記録されています。気温の高い所を好むため、ほとんどが熱帯地域に生息しており、日本には20数種類しかいません。
 ところで、シロアリの分類はどのように行われているのでしょうか。昆虫を形態から見分ける場合には、成虫の形態がよく利用されています。ところが、シロアリは巣にいるほとんどが幼虫の働き蟻で、その形態は種によってほとんど変わらないことと、さらに体が柔らかいため観察も容易ではありません。成虫は、一年のほんのわずかな時期にしか現れないので、観察することが困難で、形態で分類することはとても難しいのです。

分類に、DNAや同胞認識フェロモンも利用

 そこで、シロアリでは、常に巣の中にいる兵隊アリの頭の形で分類しています。兵隊アリの頭は硬く、形態が多様だからです。しかし、幼虫である兵隊アリでは変異が大きいため、変異の少ないものを利用して見分ける必要があります。そこで、DNAや同胞認識フェロモンを利用します。同胞認識フェロモンとは、シロアリ自身が同じ種か同じ巣の仲間かを見分けるために利用している化学物質です。シロアリの分類は、このようなDNAや同胞認識フェロモン分析といった客観的なデータを、形態観察に組み合わせて行っているのです。

この学問が向いているかも 分類学


農学部 生物資源環境科学科 教授
竹松 葉子 先生

先生の他の講義を見る 先生の著書
先生がめざすSDGs
メッセージ

 現在、さまざまな環境問題がクローズアップされていますが、その中でも熱帯雨林の減少は生物多様性にも、二酸化炭素の削減にも大きな影響を与えます。熱帯雨林の保全が必要だということを知識として理解していても、「百聞は一見にしかず」です。ぜひチャンスを生かして、実際に熱帯雨林に足を踏み入れてみてください。そうすれば、自然の大切さが実感できると思います。このような熱帯雨林に直接関わる研究分野はたくさんあります。その中で、自分のめざす学問を見つけてください。

先生の学問へのきっかけ

 自然あふれる長野県生まれの私は、動物や昆虫など生物への興味が強く、小さい頃からよく山に連れて行ってもらい蜂の子やイワナをとったりして自然に親しんでいました。そのような中で、自然に関わる仕事をしたいと考え、大学では農学部を選びました。シロアリの研究を始めたのは昆虫学研究室に入った後で、研究室の教授の「シロアリは熱帯雨林にたくさんいて、アリのように社会性ですごく面白いよ」という一言がきっかけでした。シロアリは木材大害虫である反面、森林の分解者であり、いろいろな面を持っているのが面白いところです。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.