夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.06624

人の一生に関わることができる看護の仕事

「看護師」って何をする仕事?

 看護師と聞くと、ドラマのように手術室で活躍したり、救命救急のヘリコプターに乗ったりする姿をイメージするかもしれません。でも、ドラマのイメージだけが看護師の仕事ではありません。
 看護師とは、患者さんの療養上の援助をしたり、診療の補助をしたりといった「看護」を行う職種です。また、「看護」の対象となる人は、生まれたての赤ちゃんからお年寄りまで、すべての人です。つまり、人の一生の健康に関わっていく仕事だと言えます。

大学で看護の専門知識と技術を習得

 看護師になるための勉強は、大きく分けて座学と実習の2つがあります。どちらも覚えることが多い上、実習期間も長いため、強い意志を持って取り組む必要があります。
 基礎科目として人体の仕組みや病気の成り立ちなどを学びます。それと並行して看護の専門科目を学んでいきます。看護の専門科目には、看護に必要な知識や基盤となる技術を学ぶ基礎看護学、看護の対象者別の看護を学ぶ成人・老年・母性・精神・在宅看護学、これらの学びの総まとめになる統合看護学などがあります。ただ、これで看護師になれるわけではなく、卒業年の2月の国家試験に合格して初めて看護師免許が与えられます。

広がる看護師の活躍の場

 高齢化で注目される老年看護や在宅看護をはじめ、社会の変化とともに看護師の活躍の場が増えており、病院のほかにも福祉施設や市町村のさまざまな施設、学校や企業の保健室、企業の研究職、遊園地や飛行場などにある医務センターなどがあります。また、看護師免許のほかに保健師、高等学校教諭一種(看護)、養護教諭一種が取得できる大学もあります。さらに一定の臨床経験を積んだあと、「専門看護師」や「認定看護師」をめざすこともできます。
 看護の仕事は人の生死に関わるものなので、これから看護師をめざす人は、毎日を丁寧に過ごし、豊かな生活体験を持つことも重要なことです。

年をとるとどうなるの? 超高齢社会の看護学

夢ナビライブ2019 大阪会場

アイコン

高齢者に対する支援の実例を覗いてみよう!

アイコン

皮膚も老化する!

アイコン

加齢に伴う記憶力の変化

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 看護学

藍野大学
医療保健学部 看護学科 教授
本多 容子 先生

メッセージ

 大学で学ぶ看護について、一つお伝えしたいと思います。
 「お茶を飲むときの援助」というものがあります。まずお茶か水を用意して、飲んでみてください。次に、そのお茶を口に含んで、上を向いて「ごくん」と飲んでみてください。絶対に炭酸水では行わないでください。上を向くと、飲みにくかったでしょう。これには解剖学的にしっかりとした理由があります。大学では、人の身体の基礎から看護の方法までをしっかり学びます。興味を持ったなら、ぜひ一緒に看護について勉強しましょう。

先生の学問へのきっかけ

 父の死をきっかけに看護師をめざしました。
 今思うと恥ずかしいのですが、当時の私が持っていた看護師のイメージは、訳ありの大富豪の患者さんに、アイドルの秘密入院、緊急手術のためドクターヘリで空を飛ぶ……といったテレビドラマのようなものでした。しかし、現実は高齢の患者さんがとても多く、ドラマのようにキレイに割り切れることばかりではありません。高齢者は千差万別、教科書には書いていないことばかりです。高齢の患者さんのことをもっと知りたいと思ったのがきっかけで、看護学を学び、現在も学び続けています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

病院看護師/都道府県・市町村保健師/企業保健師・看護師/養護教諭/高等学校教諭(看護)/訪問看護師/福祉施設看護師など

大学アイコン
本多 容子 先生がいらっしゃる
藍野大学に関心を持ったら

 藍野大学は、医療法人恒昭会藍野病院附属准看護学院として指定を受けて以来、40年以上の間、看護教育を中心とし、医療分野の養成校として、培ってきた教育ノウハウにより、日々高度化されていく医療に対応の出来る医療人を育てます。「教育」「臨床」「研究」の三位一体で行なう教育体制のもと、医師中心の医療体制から、患者さんとそのご家族を中心に展開するチーム医療「シン・メディカル」を各学科の共通テーマとし、それぞれの分野で活躍し、シン・メディカルの実践者として、広く社会へ羽ばたいてほしいと願っています。

TOPへもどる