夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.06477

オスマン帝国にみる「多文化共生社会」

多様な人々を内包した帝国

 日本に住んでいると、「多文化共生社会」という環境がどのようなものか、ピンとこないかもしれません。しかし、世界の歴史を見てみると、日本のように同じ文化を持った人が多く集まっているのが例外的で、ひとつの地域にいろいろな文化的背景を持つ人が住んでいることの方が多いのです。なかでも多様性の度合いが高かったのがオスマン帝国です。1300年頃に建国され、1922年に滅亡するまで、オスマン帝国では600年以上にわたって多様な文化的背景を持つ人々が混在していたのです。

多宗教・多民族・多言語の縮図「イスタンブル」

 オスマン帝国と聞くと、トルコ人だとかイスラーム教徒の国というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。しかし、その支配層はさまざまな民族の人々から構成されており、その統治下には、宗教や民族、言語の面で多様な人々が暮らしていました。首都のイスタンブルを見てみると、イスラーム教徒が人口の半数から6割程度を占めたものの、それ以外にギリシア人やアルメニア人といったキリスト教徒、ユダヤ教徒も多数おり、それぞれが自分たちのモスク・教会・シナゴーグで礼拝をし、それぞれの言語を用いて暮らしていました。

「多文化共生社会」に対する想像力

 こうしたイスタンブルの都市社会は、帝国の支配層が都市社会に必要な人材を、宗教や民族の区別なく帝国各地から集め、また外国からも受け入れていった結果としてできあがりました。それは、住民の均質化をめざすのではなく、むしろ必要とされる能力を持った人々を、その文化的背景にかかわりなく活用するというオスマン帝国のあり方を反映していると言えるでしょう。現代の社会では、人口の流動性が高まり、異なる文化的背景を有する人々との接触が増えています。こうしたなか、歴史を学んでみることで、多文化共生社会に対する想像力を育むことには意義があるのです。


この学問が向いているかも 歴史学

大阪公立大学※2022年4月大阪市立大学と大阪府立大学の統合による開学
文学部 哲学歴史学科 准教授
上野 雅由樹 先生

メッセージ

 オスマン帝国を構成した主要な集団の一つであるアルメニア人について、特に19世紀の状況に注目して研究しています。世界的に見ると、日本は外国の歴史を研究している人が非常に多く、日本語で書かれた外国史の文献も豊富です。哲学歴史学科でも、歴史を担当する12人の教員のうち7人が外国の歴史を研究しており、世界の歴史に興味ある人は、勉強していく上で、とても恵まれた環境にあると言えます。ぜひ、世界に幅広く興味を持って、自由にテーマを設定し、想像力を働かせながら、自らの関心を深めていってください。

先生の学問へのきっかけ

 高校生から大学生にかけて、バルカン半島や中東地域で起こっている衝突が報道されるのを目にして、「さまざまな文化的背景を持つ人々が、ともに生活している社会とはどのようなものか」ということに関心を持ちました。文化的な差があまり見られない日本では、そういった社会のことを想像するのは難しいですが、「よくわからないからこそ見てみたい」という思いにかられたのです。そして、そうした社会の最も顕著な例であり、さまざまな衝突が起こっていた地域をかつて統治していた「オスマン帝国」の歴史に関心を持つようになりました。

大学アイコン
上野 雅由樹 先生がいらっしゃる
大阪公立大学※2022年4月大阪市立大学と大阪府立大学の統合による開学に関心を持ったら

 2022年4月、大阪市立大学と大阪府立大学を母体に「大阪公立大学」が誕生します。1学域・11学部の幅広い学問領域と大学院を含め約1万6千人の学生を擁する、全国最大規模の公立総合大学となる予定です。規模を拡大しつつ、これまで同様、学生と教職員の自由闊達な環境で教育を行います。基幹教育と高度な専門教育を有機的に結び付けた複眼的視点を持ってあらゆる問題を俯瞰的かつ直観的に見通す力を培うことで、グローバルに活躍できる高度人材を育成します。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる