夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.06209

子どもたちに迫る「眼」の恐怖とは?

超高齢社会での「眼」の健康管理

 私たち人間は、外界からの情報の大半を、「眼」で見ることによって取り入れています。しかし、「眼」の健康管理のためのサポート体制は、日本ではまだまだ不十分です。例えば、日本では「眼」の健康管理を支える国家資格として「視能訓練士」という資格が1971年に誕生しましたが、視機能に関する検査や矯正訓練、リハビリなどにおいて重要な役割を担うこの国家資格を持つ人は、全国でも約1万人程度です。しかし今後の高齢化が進み、2030年には、視覚に障がいのある人が全国で200万人に達すると言われています。

子どもたちの「眼」の健康を守る

 高齢者の「眼」の健康管理も大切ですが、その一方で、乳幼児や子どもの「眼」の健康管理もまた、重要な課題です。未熟児網膜症や先天白内障など、先天的な原因で「眼」に問題のある子どもに対するサポートは、視能訓練士を中心とした専門家による的確な診断と指導が不可欠になります。というのも、視機能に何か問題がある場合、大人は通常の状態と比べての自覚症状があるのでその問題を説明できますが、子どもはその症状を言葉でうまく説明できない場合が多いからです。
 また、ゲーム機などの普及により、最近の子どもの「眼」には、大きな負担がかかりがちです。このような子どもたちの「眼」を取り巻く環境に対し、特に成長期の子どもに対して視機能の健康管理を適切に行っていくことも必要になっています。

「眼」の健康を支えるための体制作り

 最近では、視機能に障がいのある人をサポートする視覚補助具として、iPadなどのタブレットで利用できるアプリが新たに開発されています。画面へのタッチや「音声読み上げ」などを取り入れることで、今まで困難だった情報の把握やコミュニケーションの円滑化が可能になりました。このような新しい技術やツールを取り入れつつ、今後はさらに充実した、「眼」の健康を支えていくための体制作りが求められています。

参考資料
1:子どもたちの「眼」の健康を守る
2:超高齢化社会での「眼」の健康管理

見えないものがみえる不思議な世界

夢ナビライブ2018 仙台会場

アイコン

様々な動物の視野

アイコン

人間の目はコミュニケーションに重要

アイコン

脳は目からの情報にだまされやすい

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 視機能科学

新潟医療福祉大学
医療技術学部 視機能科学科 教授
石井 雅子 先生

メッセージ

 視能訓練士は眼科での検査や訓練を行う専門職です。最近は視覚に障がいのある人が増えていて、その人々のケアやサポートが重要になっています。私は視覚に障がいのある子どもたちの就学を支援しています。視能訓練士による正確な視機能の検査と評価をした上で、患者さんのニーズを聞き取り、それに対応することが必要です。患者会との交流や盲学校などの行事への参加を通して、視能訓練士に求められる資質の向上をめざします。「よく学び、よく遊び」をモットーに、充実した研究を行ってもらいたいと思っています。

先生の学問へのきっかけ

 ウマやウサギの眼は顔の外側についていますが、ライオンやネコは人間と同様に顔の正面についています。「同じ世界に生きていても、同じ見え方はしていないので?」という疑問が、現在の研究の道に進んだきっかけです。眼は2つあって両眼の視野の重なりで、物の立体感を得られます。「3Dの世界は脳の中でどうやって作られるのだろうか」と考えました。脳と眼は一体であり、脳の認知機能が見え方に大きく影響することも興味深く、同じものを見ていても人によっては見えたり見えなかったりといった錯視の謎もひもときたいと思ったのです。

大学アイコン
石井 雅子 先生がいらっしゃる
新潟医療福祉大学に関心を持ったら

 6学部13学科すべての学科で国家資格をはじめとした専門資格の取得に対応したカリキュラムを配置しています。また、看護・医療・リハビリ・栄養・スポーツ・福祉の総合大学である利点を生かし、他学科の学生がチームを形成して学ぶ「連携教育」を導入し、関連職種への理解やコミュニケーション技法を身につけることで実践的な「チーム医療」を学びます。さらに、【スポーツ×リハビリ】【看護×福祉】など、学科コラボによる学びで、幅広い知識を修得します。

TOPへもどる