夢ナビWebセレクション

神戸大学 経済学部の教員による講義

関心ワード
  • 中国、
  • 経済、
  • 政治、
  • 政策、
  • 市場経済、
  • 社会、
  • 国民、
  • 国家、
  • 格差、
  • 貧困

異質の文化や社会の中での経済活動を見る面白さ

中国は単純な一党支配ではない

 「中国は共産党の一党支配によって国民を抑えつけている」というイメージを持っている人は少なくないでしょう。しかし、実際はそう単純ではありません。一般の人々の間ではもちろん、共産党内部でもかなり政治的な考え方に幅があります。それを象徴するのが「右派」「左派」の存在です。中国の右派、左派は、日本の右翼、左翼とは意味が違います。日本とは逆で、国家主義的な考え方を採るのが左派で、人権問題に熱心で外国と協調していこうとするのが右派となります。

同じ問題に対しても、右派と左派では主張が逆に

 経済問題についても、右派と左派では、その問題が起こった原因が何かといった考え方が大きく異なるのが特徴です。例えば、経済格差や貧困の問題について、左派は、国家の力を弱めすぎたのが原因だとし、格差や貧困を減らすためにはもっと国有企業を増やし、国家が経済をコントロールすべきだと考えます。一方、右派は、共産党や国有企業など既得権益を握っている人たちばかりが裕福になっている現状が原因だと考え、もっと市場経済のルールを徹底化して、既得権益をなくすことが解決への道だと考えます。このように右派と左派では主張する政策が全く逆になるのです。

異質の文化の中で経済がどう見えるか

 日本では、経済問題に対する右派と左派の違いは、原因の所在を主張し合うというのではなく、現状認識の差として表れることが多いようです。その点は中国と異なります。例えば、経済格差の問題で言えば、日本では、右派は多少の格差はやむを得ないとするのに対して、左派は、格差は大きな問題であり、政府が富を再分配して解消する必要があると考えます。
 中国に限らず異国の経済を研究する地域経済の面白さは、このように異質の文化、社会、政治なども含めて学びながら、理解を深めていくことにあります。広い視野を持ち、その中で「経済」を通して見ると、何が見えてくるのか、そういった視点が重要になってくるのです。

この学問が向いているかも 経済学、地域経済学、中国経済論


経済学部  教授
梶谷 懐 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 私が専門にしているのは中国経済論です。中国の経済を考えるということは、広い意味で地域経済という学問分野に入ります。経済をテーマにするとはいえ、経済だけではなく広く社会や政治とのかかわりを考えていく必要があります。例えば、尖閣諸島の問題で中国国内で反日暴動が起こりましたが、その背景には、中国国内の格差の問題があると言われています。中国の経済について勉強するのみならず、より広い視野でさまざまなことに関心を持って勉強していってもらいたいと思っています。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.