夢ナビWebセレクション

広島市立大学の教員による講義

関心ワード
  • スマートフォン、
  • 携帯電話(ケータイ)、
  • モバイル、
  • 情報、
  • 通信、
  • ネットワーク、
  • インターネット、
  • 無線LAN、
  • インフラ、
  • セキュリティ、
  • メール

災害にも強いモバイル通信ネットワークをつくる

生活に不可欠なものとなったモバイル端末

 携帯電話やスマートフォンなどのモバイル端末は、いつでもどこでも人とつながり、インターネットに接続できるツールとして、いまや生活に欠かせないものとなりました。しかしこうした便利なツールも、一度、地震などの災害が発生すると、途端につながらなくなったり、メールが届かなくなったりします。それは、携帯電話を無線でつないで制御している基地局が壊れたり、短時間に大量の情報が情報通信ネットワークに集中したりしたために、パケットデータ(通信用の小さなデータのかたまり)が詰まったり失われたりするためです。

社会のインフラとしての高信頼化が課題

 モバイル通信を含めた情報通信ネットワークは、社会のインフラとして、人類の生命や財産に関わる重要な活動を支えるものです。しかし、現状ではそうした活動を完全にサポートするだけの信頼性はまだありません。東日本大震災での混乱は、そのことを如実に示しました。
 そこで政府が主導して、各携帯電話会社や通信事業者は、ネットワークの高信頼化に力を注いでいます。具体的には、基地局の強化やネットワークの二重化、さらに移動基地局の増強など、さまざまな対策を講じています。

各人の携帯電話をつないでネットワークを構成

 さらに、災害時のモバイル通信システムとして研究が進められているのが、「モバイル・アドホックネットワーク」です。もともとはパソコンの無線LANの動作モードのひとつで、端末同士が互いに直接通信をする「アドホックモード」を応用したものです。アドホックモードでの通信をバケツリレー方式でつないでいくと、個人の持っている複数の端末を介して無線の到達範囲を超えた通信ができます。つまり、基地局に頼ることなく、一人ひとりの携帯電話やスマートフォンをつなぐことでモバイル通信を可能にするものです。しかし、バッテリーの持ち時間や個人情報のセキュリティをどうするかなど、解決すべき課題も残されています。

この学問が向いているかも 情報工学、通信工学


情報科学部  教授
高野 知佐 先生

先生の他の講義を見る
先生がめざすSDGs
メッセージ

 身近なインターネットやスマートフォンといったツールは非常に便利なものですが、地震などの災害が発生するとネットワーク機能が停止し、安否情報などの緊急性の高い情報の確認ができないという問題が発生します。私の研究は、人間の社会活動を円滑に進めるために、情報通信ネットワークの高信頼化を進めることです。具体的には、この大規模な自然界が、まるで神様がいるかのように秩序立って見える「世界のありかた」の秘密を、人間が作る情報通信ネットワークの設計に適用し、新しい高信頼システムの実現をめざしています。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.