夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.06092

核兵器はなぜなくならないのか

冷戦後も生き延びる核兵器

 核兵器のない世界を多くの人が望んでいますが、核兵器はなぜなくならないのでしょうか。
 米ソ冷戦時代、核兵器は核戦争への抑止力として機能していました。しかし、ソ連邦が崩壊してからも、核兵器は存在しています。むしろ、核保有国は以前よりも増えています。例えば、北朝鮮にとって、核兵器は他国に政治介入されずに独裁体制を維持するために必要とされています。また、核兵器は売ることもでき、通常兵器では優位にある韓国にも対抗することができます。さらには、援助の獲得を狙って脅威をちらつかせたりもします。さまざまな理由で、核兵器は生き延びているのです。

核兵器は世界平和のために必要?

 さて、ここで一つ考えてみてください。核兵器が地球上からなくなれば本当に平和が訪れるでしょうか。私たち日本人の多くは往々にして、核兵器が拡散すれば、平和が遠のくと考えがちですが、世界の学者の中には、多くの国が核兵器を持てばむしろ国際政治は安定し、平和になると考える人もいるのです。具体的には、「核兵器という、使ってしまえば破滅に至るような恐怖があって初めて、慎重かつ冷静に行動する、むしろ核兵器がなければ人間は安易に戦争を始めてしまう」と考える人もいるのです。

核兵器の廃絶は可能か?

 米国のオバマ大統領は、核兵器の廃絶を訴え、ノーベル平和賞を受賞しました。それでは、実際、核兵器を廃絶することは可能なのでしょうか。現実はあまり明るいとは言えません。現在、約十カ国が核兵器を保有しています。つまり、核兵器を持つ国は増えているのです。なぜ、これらの国々は、核兵器を保有することを望むのでしょうか。冒頭で北朝鮮の例で述べたように、核兵器を保有する理由はたくさんあります。しかし、こうした原因を一つずつなくしていくことが、核兵器廃絶への道の一歩となるかもしれません。冷戦時代には約何万発もあった核弾頭を、私たちはかなり減らすことができたのですから、決して希望がないわけではありません。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 国際学、国際政治学、国際関係論

広島市立大学
国際学部  准教授
西田 竜也 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 私が高校生だった頃、将来何をやったらよいかわかりませんでした。大学生の頃でさえ、何をやりたいかわかっていませんでした。でも、今ではそれでよかったと思っています。
 高校生のあなたに心に留めておいてほしいのは、「好奇心を持つこと」、「自分で自分の限界を設けないこと」です。少しでも面白いこと、やってみたいことがあれば、必ずやってみてください。あなたの可能性は無限です。限界を設けることなく、新しいことにチャレンジしてください。必ず世界は開けます。

大学アイコン
西田 竜也 先生がいらっしゃる
広島市立大学に関心を持ったら

 広島市立大学は、広島市の都市像である「国際平和文化都市」にふさわしい大学づくりをめざして、1994年に「科学と芸術を軸に世界平和と地域に貢献する国際的な大学」を建学の理念として開学しました。
 世界と地域が求める新しい時代の要請に応えるため、「国際、情報、芸術、平和」をキーワードに、特色ある教育研究活動を通じ、学術の振興と感性豊かな創造力、実践力を備えた人材を養成し、教育研究の成果を地域に還元するとともに広く世界に発信しています。

TOPへもどる