夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.06063

デジタル化がデザインに及ぼした影響とは?

パソコンと作業ツールでのデザインが一般的に

 コンピュータの発達に代表されるデジタル化の流れは、さまざまな分野に大きな影響を及ぼしました。デザインの領域も、その代表的な産業のひとつです。中でもグラフィックデザインでは、今やコンピュータと描画ツール、画像処理ソフトが、仕事をするうえで不可欠の道具となっています。紙に手描きでレイアウトやイラストを描いていくことに代わって、パソコンのモニターに向かって作業することが普通になったのです。しかも、使っているパソコンや作業ツールは、プロもアマチュアも変わりません。

プロとアマチュアを区別するのが困難に

 デジタル化がグラフィックデザインに及ぼす最も大きな影響は、うまいへたでプロとアマチュアを分けるのが難しくなってきたことです。ツールが高度化し、使い方に習熟することで、アマチュアでもある程度の仕上がりができてしまうからです。その影響を受けたのがプロのデザイナーたちです。あるレベル以上であれば早くて安い方がいいというニーズに引きずられるように、作品の価格破壊が進みました。しかし、プロのデザイナーの条件が、「クライアントのことを考えてうまく企画ができる人」「アイデアを出せる人」であることは変わっていません。

インターネットが広げる活躍の場

 そのほか、使える文字フォントがパソコンの中に入っているものに限定される、色の再現がモニターによって異なる、ポスターなどは作品のスケール感覚がつかみにくいなどの問題があります。また作品がデジタルデータ化されることで、デザイナーが知らないところで勝手に色やカタチの変更が行われる可能性もあります。
 一方で、デジタル化はインターネットの発達と結びつくことで、イラストレーションなどの作品をネット上で紹介・販売することを可能にしました。そうした新しいチャネルが増えることで、デザイナーやアーティストの新しい活躍の場が広がっていることも、デジタル化の恩恵といえるでしょう。


この学問が向いているかも デザイン

広島市立大学
芸術学部 デザイン工芸学科 視覚造形 准教授
中村 圭 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 私は、ビジュアルコミュニケーションやグラフィックデザインを専門としています。例えばポスターやパンフレットなどの印刷物ですが、ポスターなどのデザインといっても、そのレイアウトや色、写真を決めるだけではなくて、なぜそれが必要なのかをテーマに従って調べたり、クライアント(依頼主)のことを想像しながら、問題解決の方法を考えてプレゼンテーションしたりします。あなたには、幅広いことに興味を持って新鮮な目でいろいろなものを見ていくことで、デザインを学ぶ基礎としてもらいたいと思います。

大学アイコン
中村 圭 先生がいらっしゃる
広島市立大学に関心を持ったら

 広島市立大学は、広島市の都市像である「国際平和文化都市」にふさわしい大学づくりをめざして、1994年に「科学と芸術を軸に世界平和と地域に貢献する国際的な大学」を建学の理念として開学しました。
 世界と地域が求める新しい時代の要請に応えるため、「国際、情報、芸術、平和」をキーワードに、特色ある教育研究活動を通じ、学術の振興と感性豊かな創造力、実践力を備えた人材を養成し、教育研究の成果を地域に還元するとともに広く世界に発信しています。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる