夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.05883

ツキノワグマの意外な役割とは? ~ただの有害獣とは言わせない~

有害獣としてのツキノワグマ

 東北から四国の森林に生息するツキノワグマは、北海道に生息するヒグマよりも小型で、体長は100~180cm前後です。ヒグマは鮭などの魚や動物を主に食べますが、ツキノワグマは木の皮や果実など、植物を中心に食べます。しかし人間が育てた林業用の植栽木や農作物を食べたり、ときに人間を襲うこともあるため有害獣とされ、全国で年平均2千頭、多い年には約6千頭が捕殺されています。

クマ棚と呼ばれる腰かけを作って果実を食べる

 ただし、ツキノワグマは有害な働きばかりをしているわけではありません。果実を食べ、種子を糞と一緒にさまざまな場所に運ぶことで、植物の種子散布に貢献しています。
 また、ツキノワグマはクマ棚という木の上に腰かけのようなものを作ります。彼らは冬眠に備えて大量の果実を食べますが、木を揺らしたり、落ちてくるのを待ったりするのではなく、7~10月の果実がなる時期に合わせて、サクラ類、クリ、ミズナラ、コナラなどの木に登ります。そして果実のついた枝を引き寄せながら折り、食べ終わった枝を自分のおしりの下に敷くという行動を繰り返し、結果的に腰かけのようなものができるのです。それが「クマ棚」です。

クマ棚を利用する動植物

 クマ棚ができると、その場所に枝葉のない空間ができ、光が林の中に差し込みます。このように枝葉のない空間を「ギャップ」と呼びます。地域によってはクマ棚由来のギャップ効果は大きく、積算した面積は、木が枯れたり、台風などで倒れた場合にできる自然由来のギャップ面積の6倍ほどにもなります。クマ棚ギャップの下では、ヤマブドウ、サルナシなどの植物が育ちます。花が咲けば、その蜜や花粉を食べる昆虫類などが集まり、さらに果実がなれば、それを食べる鳥類や哺乳類も集まります。最近ではヤマネなどの小動物がクマ棚を棲みかのように使うこともわかってきました。ときに有害獣とされるツキノワグマですが、「生態系のエンジニア」として動植物に資源や棲みかを提供し、森林の維持・保全に貢献しているのです。

参考資料
1:ツキノワグマ/クマ棚/里山再生ツールキット
2:たねぷろじぇくと

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 森林生態学

長野大学
環境ツーリズム学部 環境ツーリズム学科 教授
高橋 一秋 先生

先生の著書
メッセージ

 世界全体の森林が蓄えている二酸化炭素の量はどのくらいあると思いますか? 大気中にある量の約1.5倍と言われています。また、森林浴をすると体内のストレス値が下がったり、がんを抑制するナチュラルキラー細胞活性が高まったりします。このように森林は私たちにとって便益のあるさまざまな生態系サービスを持っています。
 しかし、その多くがまだ十分に活用されていないことも事実です。若いあなたのパワーと豊かな発想で、森林の持つ多様な生態系サービスを地域社会に役立てるための斬新なアイデアを一緒に考えていきましょう。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

自然体験施設、自然学校、青年海外教育隊(環境教育)、環境アセスメント会社、森林組合、JA全農、生活援助団体、旅館、NPO、一般企業、公務員

大学アイコン
高橋 一秋 先生がいらっしゃる
長野大学に関心を持ったら

 長野大学は、社会福祉学部、環境ツーリズム学部、企業情報学部の3学部からなる大学です。
 本学は「地域貢献」を大学憲章に掲げ、学生が地域の課題を発見し解決できる人材に成長できるよう、地域の方との交流や地域産業への貢献など地域に根ざした学びを実践しています。
 さらに社会で必要とされる資格の取得(IT・簿記・語学)や希望する職業(公務員・教員)への就職をめざす「5つの特別コース」を設置し、地方上級公務員(行政職・福祉職)をはじめ金融機関、医療、福祉や観光関連などあらゆる分野で活躍しています。

TOPへもどる