夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.05873

私たちの生活の原点は、織田信長・豊臣秀吉の時代にあった

戦国時代には生活環境も大きく変化した

 「戦国時代」と聞いて、織田信長や豊臣秀吉などの武将の活躍をイメージする人も多いでしょう。ですが、この時代の庶民の暮らしに焦点を当ててみると、生活が大きく変化した時代でもあることがわかります。そして、それが、今日の私たちの生活につながっていることもたくさんあるのです。
 例えば、食生活は、それまでは朝晩の1日2食が一般的でした。織田・豊臣の織豊(しょくほう)期になって城の建設ラッシュが始まり、労働者たちは体力を維持するために、1日3食を食べることも見え始めました。また、城造りをしていると食事の機会をもつのも難しくなります。そこで、簡単に食べられるそば屋ができたとされています。当時はそば粉をこねた「そばがき」という食べ物でしたが、現在のように麺にして食べました。これは日本で初めてのファストフードかもしれません。

情報や文化、ファッションも変化

 情報のやりとりが頻繁になったのも、この頃です。それまでは、京都や大坂・堺といった中央の都市など一部の地域を中心として栄えていましたが、大名の城下町が日本のあちこちにできるようになりました。人が集まり、暮らしも変化しました。武将が京都から帰り、「都では花柄の着物が流行っていた」と地元に伝えると、人々は花柄の着物を着るようになりました。武将がほかの町に行き来する際に、情報も伝わるようになったのです。また、この頃にできた町名や字名が、現在も数多く残っています。

歴史を探る力をもつと、現代社会も見えてくる

 事件や変化などは、それが起こる理由や背景が必ずあります。時代の流れだけでなく、違う視点でとらえるとさまざまなことが見えてきます。それは、今の政治でも同じことです。「今なぜ、強い政治家が出てきたのか」を考えると、安定を求めたからか、また市民に力がないからなのかもしれません。出来事の背景や構造をみると根本的な問題やその理由が見えてきます。歴史を探る力は、今の私たちの生活に生かすことも可能なのです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 歴史文化学、歴史学

中京大学
文学部 歴史文化学科 教授
播磨 良紀 先生

メッセージ

 どんなことでもいいので、興味や関心をもつことが大切です。おもしろいと思ったことは、吸収できるものです。誰からも「ああしろ、こうしろ」と言われない大学だからこそ、「おもしろがる」ことが大切になってきます。
 これは、落語を聞くことに似ています。「これからどうなるんだろう」と興味をもって聞いていると、落語家の話から映像がイメージできます。だからこそ楽しめるのです。何気なく聞いているだけでは、何も得られません。楽しむからこそ、視野が広がり、新しい発見や知識の習得ができるのです。

先生の学問へのきっかけ

 最初に歴史に興味をもったのは、小学生の頃でした。中学になるとあちこちのお城に行って写真を撮っていました。高校で日本史の授業を受けていたとき「これが本当の歴史なのか。本当に鵜呑みにしてもいいのか」という疑問が湧いてきたのです。この疑問が歴史の研究の道に進むきっかけになりました。大学を選ぶときは、就職のことを考えず、自分の学びたいことが学べることを第一に考えました。大学院時代から大阪市や和歌山市などの地方史の編纂(へんさん)の仕事にもたずさわり、地域の歴史の研究にも密接に関わっています。

大学アイコン
播磨 良紀 先生がいらっしゃる
中京大学に関心を持ったら

 7月20日(土)にポートメッセなごやで開催される大学研究&学問発見のための国公私立大 合同進学ガイダンス「夢ナビライブ2019名古屋会場」で、播磨良紀先生が【豊臣秀吉のトリビア】というタイトルの講義ライブを12:40から実施!全部で206名の大学教授が講義ライブを実施するほか、本学を含む145大学が個別ガイダンスを実施します。詳しくは
 https://yumenavi.nagoya(パソコン、スマホ、ケータイ共通)をご覧ください。

TOPへもどる